発達の促し方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


一般的な心構え
①日常生活で、何が出来何が出来ないかを観察し、子供の発達を的確にとらえる。
②現在よりも、少しだけ高い水準の行動が出来るように働きかける。
③他児と比較するよりも、本児自身について、以前に出来なかった事が新たに出来るようになったというこらえかたをする。
④次のような子供の特徴に留意する。
 ・言葉だけの指示や複数の事柄の指示は理解しにくい。
 ・1度に複数の事柄を覚える事が苦手である。
 ・1度出来ても、次に出来ない事が多い。
 ・ある場所や課題で出来た事が、別の場所や課題では出来にくい。
 ・繰り返し繰り返し教えないと、身につきにくい。

全身運動自身のもとは全身運動
①歩かせたり、走らせたりするなど、全身を動かす機会を多くする。
②発達検査の項目にある運動を、親が手本を示してから、子供に教える。
③複雑な運動は、単純な動きから順に教える。
④恐がる場合は、身体を支えるなどして、少しずつ慣れさせる。

手の運動親の手本が上達をまねく
①身の回りの事や遊びなどで、指先を使う機会を多くする。
②発達検査の項目にある運動を、親が手本を示してから、子供に教える。
③積み木、鉛筆、クレヨン、ハサミ、折り紙、塗り絵などにふれる機会を多くする。

言語理解まず理解、話しかけを大切に
①日常生活(食事、排便、衣服、睡眠、清潔)を通して話しかける。
②ちょっとした手伝いや片付けなどをさせる。
③子供の動作や気持ちを表す言葉を話しかける。
④身近な物の名前や身体部分の名前を話しかける。
⑤主な色名(赤、青、黄、白、黒など)を話しかける。
⑥物の用途や身体部分の機能を表す言葉を話しかける。

言語表出
「これなーに?」、発語意欲をなくすもと
①動作や発声による要求には、親が物の名前や言葉を添えてから応じてやる。
②子供が発声した声や単語を真似して、子供に言い返してやる。
③返事を教えるには、母(父)親が名前を呼び、父(母)親が子供の後ろで「はーい」と言いながら、子供の手をあげてやる。
④「●●はどれ?」(理解)が出来たら、「これなに?」(発語)と尋ねる。
⑤動作や発声による要求には、欲しいを子供に言わせてから応じてやる。
⑥子供が発した単語の前か後ろに、動詞か形容詞か名詞を付け加えて言ってやる。
 (子)「ワンワン」→(親)「ワンワン来た」または「白いワンワンだね」
 (子)「パパ」→(親)「パパ、仕事」「パパ、やさしい」 (二語分の形成)


概念
数は5(3)まで、ただ唱えるのは意味がない
①次のような言葉で話しかける。
 日常行動で「良い→悪い」、お菓子で「多い→少ない」、動物で「大きい→小さい」「強い→弱い」、鉛筆で「長い→短い」、大人と子供で「高い→低い」、箸や鉛筆を持つ手で「右→左」
②おはじきや積み木で、次のような質問をする。
 5個並べて「いくつある?」「1つ頂戴」「もう1つ頂戴」「3つ頂戴」
 5個を2と3、1と4に分けて置き「どっちが多い?」「どっちが少ない?」
 4個並べて「半分頂戴」

子供関係子供同士、遊びに勝るものはない
①「●●ちゃん、何しているかな?」と言って、他児の遊びを観察させる。
②他児の遊びを摸倣させたり、追っかけっこをさせる。
③玩具の電話で「●●ちゃん、モシモシ」と、他児と交互に言わせる。
④他児と交互に、輪投げやビー玉転がしなどをさせる。
⑤他児とサーキットを順番に回らせ、電車ごっこをさせる。

大人関係親子の交わり大切に
①叱る事を少なくして、ほめる機会を多くする。
②親がしている簡単な体操や動作を摸倣させる。
③動作を伴う指示から、言葉による指示に従えるようにする。
④転がるボールのやりとりから、投げたボールのやりとりが出来るようにする。
⑤欲しい物があっても、言い聞かせれば我慢出来るようにする。

生活習慣身辺自立は心の自立
①出来るだけ自分でやらせる。最初は全面的に援助し、徐々に援助を減らす。
②配膳などの手伝いをさせる。失敗しても叱らず、不完全でもほめてやる。
③ご飯や食べ物をこぼした時は、自分で拾わせる。
④手が汚れた時は自分で洗わせる。
⑤靴、パンツ、ズボンなどは自分で脱着させる。
⑥出来るだけ少ない玩具で遊ばせ、自分で片付けさせる。

望ましい叱り方

①「だめ!」「やめなさい」と言いながら、身体を押さえたり、手を持ったりする。
②「こっちへ来なさい」と言って、その場から引き離したり、「これをしようね」と言って、別の事に気持ちを向けるようにする。
③禁止されたり叱られたりして、泣いたり、駄々をこねたり、癇癪を起こしたりした時は、可能な限り相手にしない。

親が機嫌を取ったり、謝ったりしない。


④物を投げたりした時は、「拾いなさい」と言って投げた物を拾わせ、片付けさせる。片付けが出来たらほめてやる。


⑤親に甘えたいから叱られるような行動をする事がある。

その場合は、時には甘やかし、時には無視する。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。