発達の原理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

発達の原理
①連続性:
発達は連続的、漸進的な変化である。

②順序性:
発達には一定の順序がある。

・這う→立つ→歩く  ・喃語→単語→語文


③個人差:
発達には個人差がある。


発達の成熟説から学習説へ
①成熟説:
発達にとって、自然に生じる心身の変化が重要である。

この説では、成熟していないと、訓練や教育をしても効果がないとし、成熟を待ってから教育すべきであると主張する。
②学習説:
発達にとって、成熟よりも学習や経験が重要である。

この説では、学習、訓練、環境刺激などによって発達が促されるとし、教育によって発達が促されると主張する。1歳前後までは成熟によるが、その後の複雑な運動技能の発達や大部分の精神発達は、学習や訓練の成果である

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。