ポケモンショック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1997年12月16日に放送された『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」。
この回では激しい点滅が25箇所で1秒以上使用され、一部の視聴者が光過敏性発作を起こした。
これにより、ポケモンの放送が四ヶ月休止された。これ以降、他のアニメもフラッシュ等の技法を控えた。
「テレビを見るときは部屋を明るくして離れてみてください」などのテロップもこの事件がきっかけである。

この後、ポリゴン、および進化系は劇場版で登場した以外、テレビシリーズ本編では今まで登場していない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。