※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死ぬほど洒落にならない祖国の怖い話を集めてみない?1スレ目-10


死ぬほど洒落にならない祖国の怖い話を集めてみない? / 451-500



451 : 国民さん@ヴァイキングいっぱい :2010/05/30(日) 22:57:28 ID:???

  あれ、祖国なら今、俺の目の前でカンガルーバイクの前に隣国乗せて自転車で走ってるぞ

  月の中をゆっくり飛んでる
  E.T.みたいで楽しそうだな
  これも隣国のお友達の力なのかな


453 : 国民さん@ピロシキいっぱい :2010/06/12(土) 01:24:51 ID:???

  本日恐ろしいものを見てしまった。
  いつものように「結婚結婚結婚(ry」「帰ってええええ」の声が響く。
  もはや地元民は慣れっこだからよっぽど危ない時以外はあまり関心ないんだよね。
  俺もあーまたやってんな~後でじゃがりこでも設置しとくかとか考えた俺の目の前で起こった光景

  (*゚J゚)「ベラ!!僕と結婚結婚結婚結婚結婚結婚(ry」
  川T言T)「兄さん帰ってええええええええ!!!!」

  泣きながら逃げるBさんとカレンダーを持って追いかける祖国…
  信じられないけどまぎれもない事実。一体全体何がどうなってんだか理解できない…


454 : 国民さん@ボルシチいっぱい :2010/06/12(土) 18:49:43 ID:???

  あら、あなたも見たの?(ドイーン)
  私はたまたまいたのだけれど、あんなに泣いてる祖国の妹さんは初めて見たわ!(バイーン)
  噂によると本来は逆らしいけど、一体何があったのかしらね?(ボイーン)
  でも兄妹仲が良いことは素晴らしいと思うわ!(ドイーツ)


455 : 国民さん@紳士いっぱい :2010/06/12(土) 20:14:35 ID:???

  そういえば、祖国がパブるのはよくあることなんだが
  この前は、それにくわえて北欧のNさんまで酔ってたらしいぞ
  それで、思い出したくない怪現象が起こった、と日本さんがこの前のイベントの本の後書きに書いてた
  確か、国際会議後の打ち上げだったか


456 : 国民さん@フィヨルドいっぱい :2010/06/12(土) 21:38:21 ID:???

   >>455
  そういや祖国が酔ったノリで百物語やったってブログに書いてたわ

  なんか色々な妖怪が出てきたけど日本さんが陰陽師スタイルでなんとかしたらしい


457 : 国民さん@ヤンデレいっぱい :2010/06/14(月) 09:18:46 ID:???

   >>453
  え、そんなことあったんだ・・・
  そういえばこの間祖国が
  「アプローチ方法変えた方がいいのか・・・?」
  って言ってたのはこのせい?

   >>454
  なんか最後だけドイーツになってるのは何故?


458 : 国民さん@ボルシチいっぱい :2010/06/15(火) 16:51:57 ID:???

   >>457 な、なんだって!!
  ……と思って確かめたら携帯のユーザー辞書登録にドイーツが入っていました……。
  ごめんなさい(´・ω・`)


459 : 国民さん@ヤンデレいっぱい :2010/06/16(水) 16:52:22 ID:???

   >>458
  おkおk。状況はよくわかったのであなたの胸ムッキムキになってね!


460 : 国家さん@ヴルストいっぱい1/6 :2010/06/16(水) 20:26:58 ID:???

  この間、同盟国Nの家で「百物語」というのをやることになったんだが、
  生憎俺は霊感というものが全く無い。
  そんな俺の唯一の心霊体験と呼べそうな記憶なんだが、なぜかコレを話したら同盟国のIが号泣した。
  正直、そんなに怖い話ではないと思うんだが、投下させてもらおう。
  長くなる上にスレチかもしれないが、すまない。


  夏のある日、俺は親戚と5人でピクニックに向かったんだ 。
  名前を仮に、P、B、W、S、俺とする。
  Pはとても良い馬を持っていて、1人でそれに乗り、Bは馬車を持っていて
  残りの3人が乗っていたんだ。

  日が暮れて、帰る時にふとBが「競争しようぜ」と言った。
  そこでPの馬と、B、W、S、俺の乗る馬車とで、家まで競争することになったんだ。
  俺たちは皆で同じ大きな屋敷に住んでいて、それぞれ割り当てられた部屋を持っていたのだ。

  先に着いたのは、俺たちの乗るBの馬車だった。
  勝ったのに喜ぶ Bたちに対し、俺は少し心配だった。
  Pは馬を操るのがとても上手いので、本当なら 先に着いて当たり前だからだ。

  その日、Pは帰らなかった。
  そして次の日、目覚めた俺は信じられないことを聞いた。


461 : 国家さん@ヴルストいっぱい2/6 :2010/06/16(水) 20:27:43 ID:???

  Bたちがとても悲しげで不安げな様子で部屋に来た。
  「あのさあ・・・」Wが口を開く。
  「今朝、連絡があって、Pの奴、暴漢に襲われたらしくて、死んじまったらしいんだよ・・・」
  「バラバラにされて、原形も留めていないらしい・・・」
  周りは物騒だったから、俺は万一のこともあるだろうと覚悟はしていた。
  が、やはりショックで言葉が出てこなかった。

  しかしBたちはさらに驚くべくことを告げる 。
  先に切り出したのはSだった。3人の体がカタカタと震えていることに、俺は初めて気が付いた。
  「朝・・・連絡があったって言っただろう?」
  「あのな、驚かないで聞いてくれ、俺たち、その連絡を受けた後、部屋に誰か来たんだ」
  「誰だろうと思って・・・それで誰だ?って聞いたら・・・・・」
  『Pだって言うんだよ・・』
  3人は青ざめた顔で話し続ける。
  俺は何を言っているのか分からず只聞いていた。
  『悪い冗談だって思って、すぐに怒鳴りつけてやろうと思ったけど
  そいつが来たの、俺らが連絡受けてからすぐなんだよ・・・だから
  誰かがふざける余裕なんてねえだろうし・・俺ら怖くて、それで
  開けらんなかったんだ、そしたら帰ってったんだ・・・』

  Bたちは俺に、もしもPが来ても決してドアは開けるなと言った。
  彼らが言うには、自分では死んだと思っていないPが
  自分たちを引きずり込もうとしていると言うのだ。
  Bたちが帰った後に、俺はPとの思い出を巡らせ一人泣いていた。


462 : 国家さん@ヴルストいっぱい3/6 :2010/06/16(水) 20:28:27 ID:???

  その夜。

  俺はドアをノックする音で目覚めた。
  「来た・・・」
  俺は必死でそれを無視した。Pはドアを叩きつづける。
  「おい!」「俺だよ!」
  「ここを開けてくれよ!」
  部屋の隅で必死に耳をふさいでいたが、彼との思い出や懐かしさにたまらず、
  ドアの方に近寄った。
  「開けてくれよ、俺だよ!」
  音はどんどん大きくなる。
  ドアの向こうで必死に扉を叩いている。
  気付けば俺はドアの前に立っていた。
  ドアノブに手をかけそうだった。しかし、Pは死んでいるのだ。
  俺は必死で声を出した。
  「・・まえは・・・・・んだんだ・・・!!」
  ノックは大きくなります。
  そして俺は、せめて最後に見送りたいと思い
  決死の覚悟で一気にドアを開けた。

  「お前はもう死んだんだ!!!!」

  『死んだのはおまえらのほうだよ!!!!』

  そこで俺は意識を失った。


463 : 国家さん@ヴルストいっぱい4/6 :2010/06/16(水) 20:29:20 ID:???

  次に気付いた瞬間、俺は真っ白な部屋のベッドの上にいた。
  目の前にはなんと 死んだはずのPがいて、俺の手を取って泣いて喜んでいる。
  状況が全く掴めない俺にPは話しかける。

  「競争して、俺が家に着いても、お前たちはぜんぜん来なかったんだよ」

  「それで来た道を戻って行ったら、お前たちの馬車がめちゃめちゃでさ・・・
  「前の座席に座ってたBたちは無惨だった・・・」
  「でも、お前だけは軽傷で済んだんだよ。でもずっと気を失ってて・・・」

  俺は最初はその事実だけを飲みこんでいたが、
  すぐあとにとても恐ろしくなり、Pに抱きついて泣いた

  無惨に殺されたBたちは、生死をさまよっている俺を引きずり込もうとして、
  精神の中に入りこんできていたのだろう。
  あのままPの呼びかけをずっと無視していれば、俺も死んでいたに違いない。


464 : 国家さん@ヴルストいっぱい5/5 :2010/06/16(水) 20:33:58 ID:???

  連投すまない。
  思ったより長くなかった。これで終わりだ。

  色々あったが、俺とPは今も仲良く、一緒に暮らしている。
  ただ、あの時長く昏睡していた影響か、あの事件の前の記憶が曖昧でほとんど無い。
  何となく、今とは別の名前で呼ばれていたような気もするんだがな・・・


465 : 国民さん@カジキマグロいっぱい :2010/06/16(水) 22:39:07 ID:???

  国家キターーーー!!!


466 : 国民さん@干物いっぱい :2010/06/16(水) 23:58:13 ID:???

  国家の方……だと…!?
  百物語ってのは無意識の内に前世とかの経験が口から出てくるという事を聞いたことがありますよ
  それに加え、話した事に影響されて霊障に陥る事もあるので用心して下さいね


467 : 国民さん@ウォッカいっぱい :2010/06/19(土) 15:30:44 ID:???

  うわ、なんか国家の方だと、洒落にならない……>怖い話

  俺の覚えてる限り一番怖かった祖国を見たのは、
  今から20年以上前、つまりまだ祖国が一人ぽっちじゃなかった頃の話。
  夕暮れ時の公園で、祖国はベンチに座ってた。
  横に女の人も居た(あとから考えると、多分祖国のお姉さん)。
  で……「コルコルコルコル」と呟くのはまあいつも(?)のことなんだけど、
  それが……さ、高速かつ高音程なんだよ。
  いつものが「コル、コル、コル」なら
  「コルコルコルコルコルっ(それも音程は2オクターブ上)」みたいな。
  二人とも何だか穏やかな顔のまま、夕焼けの空を眺めながらだよ。
  子供心にも、何というか……怖いというか異様というか、茫然として見てたら、
  祖国がこちらに気が付いたみたいで、こちらを見てにこっと笑ったんだ。
  でも、コルコルの声は止まらない。なおさら高くなってく。
  そこらでこちらも怖さが勝ってしまって、うわーっと泣きながら逃げた。

  当時まだ元気だったじいちゃんに、そのことをこっそり話したら、
  暫く黙った後、実は自分もそういう祖国を見たことがある、と教えてくれた。
  まだじいちゃんが5歳かそこらの頃、雪の降る夜に、やっぱりコルコル高い声で
  呟く祖国を見たんだそうだ。
  それからすぐに起こったのが、2月革命。
  その後のうちの国の混乱状態は、有名なんじゃないだろうか。

  つまり今度も、そういう混乱が起こるのか、と思って俺は泣き出したんだけど、
  「祖国怖い……」と言った途端、じいちゃんに怒られた。
  『祖国が怖いのは、国民の自分たちが恐ろしいことをしているからだ。
   祖国の手が血だらけなのは、国民の手が血だらけだからだ。
   それを怖いというなら、それをしでかす人の怖さはどれほどだ。』って。

   後から考えると、確かにその日の夜中に恐ろしいような事故は起きて、
  その影響は今に至るまで続いていると言われる。
   今でもやっぱり、あの時の祖国の姿を思い出すとぞっとするけど、
  そうさせるのは俺達国民だ、と思うと、そのことが一番怖いと思う。


468 : 国民さん@おにぎりいっぱい :2010/06/19(土) 16:34:09 ID:???

  もしかしてさ…それって、24年前の春だったんじゃない?
  表情が穏やかってのがまた怖い…
  国には事前にわかるのかもね。自分の国民を巻き込む大変な事が起きるって。
  去年の冬にあなたたちの国に行ったけど、印象に残ったのは寒さ、
  自然と歴史の雄大さ、人の温かさだった。
  短い旅行だったけど大好きになったよ。
  二度とあなたの祖国がそういう状態にならないように祈ってる。


469 : 国民さん@干物いっぱい :2010/06/21(月) 16:20:54 ID:???

   >>468
  >国には事前に分かるのかもね。
  でも、分かったところで >>467 さんの祖国は何もできないんだろうと思ったら
  怖さよりも悲しさ・虚しさの方が先にくるな。

  怖い話は苦手だけど、もう少し暑くなったらまた覗きに来ますね


470 : 国民さん :2010/06/23(水) 14:47:29 ID:???

  この前、


471 : 国民さん@ウォッカいっぱい :2010/06/23(水) 14:57:03 ID:???

  ごめん
   >>470 は僕
  手がすべちゃって途中で書き込んじゃった

  この前、仕事場から帰る途中、髪の長い女の人にずっと後をつけられたんだ
  こっそり様子をうかがってみたけど長い髪が顔にかかってて表情見えないしすっごく怖かった

  わざわざ遠回りになるバス乗ったりしてもついてきて、気がついたら人通りも少なくなってた
  これはやばいと思って早足であるいたらいきなりその女の人が僕に抱きついてきて
  「けえええこおおおおおんんんんん!!!!!」と奇声を発し始めた
  無我夢中で振り払おうとしたけど腕の力半端ないし離れなかった
  怖くて声も出なくて僕ここで死ぬんだと思った
  いつのまにか気を失っていて気がついたときは病院のベッドで近くに祖国が立ってた

  祖国は「ごめんね。妹が僕と君を間違えたみたいなんだ。根は悪い子じゃないから許してあげて」
  と言って僕にウォッカをくれた

  あの妹さんと何百年と付き合ってるなんて祖国の強さを垣間見た気がした


472 : 国民さん@シェイクいっぱい :2010/06/25(金) 02:30:49 ID:o7vqda.o

  レスミスも含めてトゥースキュアリーだよ!


480 : 国民さん@エ○クソンいっぱい :2010/07/14(水) 00:18:44 ID:???

  ケンカでもしたのか頑なに顔を背けているフィンランドさんの背後に立って、

  「ねぇムー○ン こっぢむいで…」
  日本版ムー○ンの歌を静かな調子でえんえん歌っている祖国の後ろ姿を目撃した時には、
  我が祖国とはいえ得体のしれない恐怖に襲われて、硬直がとけ次第脱兎のごとく逃げてしまった。


  祖国、何の行き違いがあったにせよ、あの時のフィンランドさんはケンカの内容云々とは関係なく、
  振り向こうにも振り向けなかったんだと思います。
  後ろ姿しか見なかったのでお二人の表情はわかりませんでしたが、そんな気がしてなりません。


481 : 国民さん@塩分いっぱい :2010/07/16(金) 20:06:38 ID:???

  ↑
  優しさが重いぜ。



  俺、祖国の家の近所に住んでて、縁側あけてるときなんか家の中とか見えたりするんだけどさ。
  今までは原稿描いたりPC叩いたり、ぽちくん撫でてたりしてるんだけど、最近何だか様子がおかしい。
  刀や銃の類(多分とんでもない値打ち物)出してきて、一つ一つ丁寧に磨いてはため息を付いてるし
  そうかと思うと電気もつけずに何時間もぼうっと座ってるし、夜は夜で古い本(紐でとじてあった)
  を取り出してちょっと捲っては閉じ、またちょっと開いては辛そうに閉じて仕舞いに行ったり・・・・

  他の国の人が来ても追い返すことが多くなった(特に来るのは金髪眼鏡の若いお兄さん)
  玄関にも出ずに「申し訳ありませんが、しばらく会えません。帰ってください」の一点張り。
  で、この話をじいちゃんにしたら、じいちゃんも見てるって言うんだよ。ちょうど今くらいの時に。
  しかも祖国が持ってたのと同じ本持ってるって言うんだけど、どうしても俺には見せられないって。
  ただ、これから暫くあんな感じで、これからもっと酷くなるって。でも近いうちには必ず収まるって。
  じいちゃん滅茶苦茶辛そうに見えた。祖国はもっと辛そうに見えた。
  俺、何とかできないのかな。


482 : 国民さん@鮪いっぱい :2010/07/16(金) 23:36:18 ID:???

   >>481
  悪いことは言わない、祖国んちの郵便受けに塩なり健康ドリンクなりを供えてそっとしておいたほうが良い
  毎年ちょっとした夏バテになるようなもんなんだよ
  祖国だって1人になりたいときだってきっとあるさ

  あと>>481のじいちゃん所有の本についてだけど、きっとお前のためを思っての事なんだろうから
  ふれてやるな
  余計な気を使わせずにゆっくり老後を過ごさせてやれ


483 : 国民さん@塩分いっぱい :2010/07/17(土) 10:23:04 ID:???

  そうそう、前も無事に過ごせたんなら、きっと大丈夫だ。
  まだ時間はかかるだろうが、俺たちは見守るしかない。


  そうだ、祖国といえば俺も一つあるんだけどさ、
  俺は日本料理の店で働いてて、まあ毎日忙しいけど楽しくやってた。
  特に有名って訳でもないし場所的にも特に目立つ訳じゃないから、いつも客の入りは普通。
  でも、ある時にわかに店の中がものすごく騒々しくなった。
  なんだなんだと思って見に行ったら、居たんだよ。祖国。

  えええええちょっと待って何でここにと一人で慌ててるうちに注文を受けて、
  緊張で死にそうになりながら料理作って持っていって、気が付いたらお会計も済んでいた。
  もうとてもじゃないが感想とか聞けない。だって相手は国だぜ?国が自分の店に来たんだぜ?
  で、引き戸を開けて出ていくと言うところで、「とても・・・・とても、美味しかったですよ。」
  って振り返って言われた。
  もう、贔屓目もあるかもしれないけどすげー幸せそうな笑顔だった。絶対満足してもらえたって思った。
  戸が閉まって、完全にいなくなったの確認してからみんなでガッツポーズだったよ。すごい名誉だもん。

  まあここまではいい。ここまでは何の問題もないんだ。
  ただ、後になって皿を片づけるときにようやく異変に気づいた。
  焼き魚・・・これはいい。煮物、揚げ出し豆腐、炊き込みご飯・・・これもいい。
  一番大きな皿、メインの塩竃焼きの皿が綺麗になってたんだよ。
  綺麗に食って貰ったんだからいいだろって?どこの世界に塩竃焼きの塩竃まで食うやつがいるんだよ!!

  あの後なんだかんだで店は繁盛したし、祖国には喜んでもらえたけど俺はどうしても最後の言葉とあの笑顔が忘れられない。


484 : 国民さん@ヴルストいっぱい :2010/07/18(日) 18:13:11 ID:???

   >>483

  あー…祖国に通報させて頂いた。


485 : 国民さん@ナトリウムいっぱい :2010/07/19(月) 00:36:25 ID:???

   >>483
  祖国…流石にそれは国民の俺でもやりすぎだと思います……
  実際に食べてる所を想像したらかなりのホラーだな
  だが夕暮れ頃に >>484 の祖国らしき金髪のムキムキの方の形相が
  まさに般若の様で恐ろしかったぞ

  だが塩釜焼きはうまいよな。俺今夜食に塩辛食べてるんだが…あれ?こんな夜中に誰だよ全く


486 : 国民さん@塩饅頭いっぱい :2010/07/19(月) 01:41:25 ID:0WtNwm46

   >>485 のその後を想像すると、とっても怖いんだけど……。
  甘味を引き立たせるための塩がやめられない自分にも他人事とは思えない。
  ……あれ? 誰か来たみたい?


487 : 国民さん@塩分いっぱい :2010/07/19(月) 18:31:09 ID:???

  祖国で体験した怖い話のスレかと思ってきたら、
  祖国が死ぬほど洒落にならないくらい怖い事に気付かされたでござる…
  …インターフォン連打してんの誰だろ?ちょっと見てくるか


488 : 国民さん@塩鮭いっぱい :2010/07/19(月) 22:22:24 ID:???

  ちょ、両手いっぱいに漬け物かかえた祖国が鬼の形相で家の前走ってったwww
  ターボジジイ再臨かと思う速さwww


489 : 国民さん@ヴルストいっぱい :2010/07/25(日) 19:14:42 ID:???

  なぁ…最近、祖国の様子がおかしいんだ…
  ビールもヴルストもザワークラウトもクーヘンでさえも!
  いらない、とトマトばっかり食っているんだが…
  詳細を知っている奴はいないか??


490 : 国民さん@塩すいーついっぱい :2010/07/25(日) 19:36:33 ID:???

  犠牲になったのだ・・・・


491 : 国民さん@紅茶いっぱい :2010/07/25(日) 19:49:15 ID:???

  健康的でいいんじゃないか?
  これでビールっ腹ともおさらば出来るぜ!


492 : 国民さん@闘牛いっぱい :2010/07/25(日) 22:37:25 ID:???

  うちの祖国の家から夜な夜な
  「今年もトマトが豊作やぁ。周りのやつらにも食わせたるでぇ。うぇへっへっへっへっへ」
  って不気味な声がしてるんだが、
  もしかしたら祖国がドイツさんを洗脳してトマトをひたすら食べさせてるのかもしれない


493 : 国民さん@わっふるいっぱい :2010/07/26(月) 20:36:33 ID:???

   >>492
  なにそれめっちゃこわい


494 : 国民さん@威圧感いっぱい :2010/07/27(火) 00:41:41 ID:???

   >>489
  適度に塩食わねぇと神経おかしくなって幻覚見るようになっど
  "適度に"な。
  うちの隣国さんがたまに誰もいねぇとこに喋ってんのを見るけど…塩足りてねぇんかなぃ
  岩塩も海水もあるはずなのに…不思議だべ


500 : 国民@ちゅーりっぷがいっぱい :2010/08/15(日) 01:06:49 ID:5casvBvI

  昨日の昼のことなんだけど、信号待ちしている時に、
  4歳位の子ども達がぞろぞろと歩いてたの。
  先生っぽい人がいたから…たぶん保育園のお散歩なんだと思う。
  その子達すっごくはしゃいでいたもんだから、かわいいなぁ~って見ていたのね。
  そしたら隣からボソっと「かわええな」って聞こえて、横を向くと祖国が立ってたの!
  普通だったら、ですよね~っとか言って和んだりしそうじゃない?
  でも、子ども達見てる祖国の顔見てやめた。
  かなり、にやけてた。
  というかあれは………

  前にショタ関連で職務質問されたことあるらしいし…
  あの顔は…駄目、夢に出そうだわ。