ここを編集

更新履歴

取得中です。


ここを編集

WCD2001


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ワールドチャンピオンズ・デッキセット

 2001年 ワールドチャンピオンズデッキは別個に売られた4つのデッキが入っていました。箱には「WORLD CHAMPIONSHIPS TORONTO AUGUST 2001」と書かれています。


トム・ヴァン・デ・ロト(Champion)

「黒赤マシンヘッド」

Main Deck:(60)
land:(24)
 06《山/Mountain》
 06《沼/Swamp》
 04《リシャーダの港/Rishadan Port(MM)》
 04《アーボーグの火山/Urborg Volcano(IN)》
 04《硫黄泉/Sulfurous Springs(7E)》
creatures:(18)
 04《疫病吐き/Plague Spitter(IN)》
 03《ファイレクシアの盾持ち/Phyrexian Scuta(PS)》
 02《墓所の天使/Crypt Angel(IN)》
 02《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu(PS)》
 03《スキジック/Skizzik(IN)》
 04《燃え立つ死霊/Blazing Specter(IN)》
other spells:(18)
 04《暗黒の儀式/Dark Ritual(MM)》
 04《強迫/Duress(7E)》
 03《血の復讐/Vendetta(MM)》
 03《ウルザの激怒/Urza's Rage(IN)》
 04《終止/Terminate(PS)》

Sideboard:
 03《頭の混乱/Addle(IN)》
 03《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena(AP)》
 02《迫害/Persecute(7E)》
 01《墓所の天使/Crypt Angel(IN)》
 01《紅蓮地獄/Pyroclasm(7E)》
 01《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu(PS)》
 04《岩滓の猫/Scoria Cat(PR)》

 重速攻クリーチャーと優秀な除去をそろえたINV時代のビートダウンデッキ。
 《暗黒の儀式》からの高速展開は圧倒的であり、なおかつ《疫病吐き》で相手タフネス1クリーチャーを壊滅させるという戦略、《強迫》による前方確認など多彩な攻めができるデッキとなっている。


アレックス・ボーテフ(Finalist:2nd)

「マーフォーク対立」

Main Deck:(60)
land:(20)
 20《島/Island》
creatures:(20)
 04《真珠三叉矛の人魚/Merfolk of the Pearl Trident(7E)》
 02《矢のごときマーフォーク/Darting Merfolk(MM)》
 04《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter(7E)》
 04《ヴォーデイリアの商人/Vodalian Merchant(IN)》
 02《波止場の用心棒/Waterfront Bouncer(MM)》
 04《アトランティスの王/Lord of Atlantis(7E)》
other spells:(20)
 04《対抗呪文/Counterspell(7E)》
 04《対立/Opposition(7E)》
 04《妨害/Thwart(MM)》
 04《噴出/Gush(MM)》
 04《静態の宝珠/Static Orb(7E)》

Sideboard:
 03《マナの迷路/Mana Maze(IN)》
 02《テフェリーの反応/Teferi's Response(IN)》
 03《冬眠/Hibernation(7E)》
 02《放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer(7E)》
 01《急流/Rushing River(PS)》
 02《洗い流し/Wash Out(IN)》
 02《誤った指図/Misdirection(MM)》

 もちろんマーフォークのビートダウンがメインではあるのだが、《マーフォークの物あさり》《噴出》のドロー能力とピッチカウンター、バウンスに支えられた対立/ブルーオーブ・ロックとして完成したデッキ。
 「フィッシュ対立」「フィッシュオーブ」とも呼ばれる。


アントニー・ルーエル(SemiFinalist:3rd)

「U/B/Rネザー・ゴー」

Main Deck:(60)
land:(23)
 08《島/Island》
 04《塩の湿地/Salt Marsh(IN)》
 03《シヴの浅瀬/Shivan Reef(AP)》
 01《硫黄泉/Sulfurous Springs(7E)》
 04《地底の大河/Underground River(7E)》
 03《アーボーグの火山/Urborg Volcano(IN)》
creatures:(3)
 03《冥界のスピリット/Nether Spirit(MM)》
other spells:(34)
 03《選択/Opt(IN)》
 04《蓄積した知識/Accumulated Knowledge(NE)》
 04《対抗呪文/Counterspell(7E)》
 03《嘘か真か/Fact or Fiction(IN)》
 02《強迫/Duress(7E)》
 02《サーボの命令/Tsabo's Decree(IN)》
 02《ウルザの激怒/Urza's Rage(IN)》
 02《クローシスの魔除け/Crosis's Charm(PS)》
 04《蝕み/Undermine(IN)》
 04《火+氷/Fire+Ice(AP)》
 02《悪意+敵意/Spite+Malice(IN)》
 02《サーボの網/Tsabo's Web(IN)》

Sideboard:
 01《テフェリーの反応/Teferi's Response(IN)》
 02《強迫/Duress(7E)》
 02《仕組まれた疫病/Engineered Plague(7E)》
 03《サーボの暗殺者/Tsabo's Assassin(IN)》
 02《紅蓮地獄/Pyroclasm(7E)》
 02《ロボトミー/Lobotomy(IN)》
 03《弱者の石/Meekstone(7E)》

 除去とカウンター、そしてドロー呪文に支えられた「ネザー・ゴー」は青黒でも組めるのだが、APの優秀な除去である《火+氷/Fire+Ice》を追加、さらに決定打にキッカー《ウルザの激怒》を導入することで、長丁場になる「ネザー・ゴー」から確実に1本を取るためのデッキに仕上げられている。
 基本的に自分のターンには動かず、「GO」と言うだけのプレイから、「ネザー・ゴー」と名づけられた。


ジャン・トムカーニ(QuarterFinalist:6th)

「ダーク・ファイアーズ」

Main Deck:(60)
land:(24)
 08《森/Forest》
 03《山/Mountain》
 02《真鍮の都/City of Brass(7E)》
 02《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes(AP)》
 02《硫黄泉/Sulfurous Springs(7E)》
 03《カープルーザンの森/Karplusan Forest(7E)》
 04《リシャーダの港/Rishadan Port(MM)》
creatures:(22)
 02《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu(PS)》
 04《極楽鳥/Birds of Paradise(7E)》
 04《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(7E)》
 04《荊景学院の戦闘魔道士/Thornscape Battlemage(PS)》
 04《ブラストダーム/Blastoderm(NE)》
 02《カヴーのカメレオン/Kavu Chameleon(IN)》
 02《魂売り/Spiritmonger(AP)》
other spells:(14)
 04《はじける子嚢/Saproling Burst(NE)》
 02《ウルザの激怒/Urza's Rage(IN)》
 04《ヤヴィマヤの火/Fires of Yavimaya(IN)》
 04《火+氷/Fire+Ice(AP)》

Sideboard:
 03《雷景学院の戦闘魔道士/Thunderscape Battlemage(PS)》
 03《血の誓い/Blood Oath(MM)》
 03《沸騰/Boil(7E)》
 02《抹消/Obliterate(IN)》
 02《もつれ/Tangle(IN)》
 02《カヴーのカメレオン/Kavu Chameleon(IN)》

 赤緑の純製「ファイアーズ」デッキの改造案。AP導入でより多色化しても安定させることが可能になり、《魂売り》の優秀さを証明することになった。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|