ここを編集

更新履歴

取得中です。


ここを編集

WCD2000


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ワールドチャンピオンズ・デッキセット

 2000年 ワールドチャンピオンズデッキは別個に売られた4つのデッキが入っていました。箱には「WORLD CHAMPIONSHIPS BRUSSELS AUGUST 2000」と書かれています。


◆ジョン・フィンケル(Champion)

「ティンカー」

Main Deck:(60)
land:(21)
 09《島/Island》
 04《水晶鉱脈/Crystal Vein(6E)》
 04《リシャーダの港/Rishadan Port(MM)》
 04《サプラーツォの岩礁/Saprazzan Skerry(MM)》
creatures:(9)
 04《金属細工師/Metalworker(UD)》
 04《マスティコア/Masticore(UD)》
 01《ファイレクシアの巨像/Phyrexian Colossus(UZ)》
other spells:(30)
 04《渦巻く知識/Brainstorm(MM)》
 04《修繕/Tinker(UL)》
 04《通電式キー/Voltaic Key(UZ)》
 04《厳かなモノリス/Grim Monolith(UL)》
 04《スランの発電機/Thran Dynamo(UD)》
 04《からみつく鉄線/Tangle Wire(NE)》
 04《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor(UZ)》
 01《崩れゆく聖域/Crumbling Sanctuary(MM)》
 01《ミシュラのらせん/Mishra's Helix(UZ)》

Sideboard:
 04《無効/Annul(UZ)》
 04《寒け/Chill(6E)》
 04《誤算/Miscalculation(UL)》
 02《水位の上昇/Rising Waters(NE)》
 01《ミシュラのらせん/Mishra's Helix(UZ)》

 マナ加速アーティファクトから、早期に《ファイレクシアの処理装置》《マスティコア》などへつなげるコンボデッキ。当然のことながらサイドボードは同型対策が山盛りである。


◆ニコラス・ラバレ(Quarterfinalist:8th)

「キメラ」

Main Deck:(60)
land:(21)
 08《森/Forest》
 04《低木林地/Brushland(6E)》
 03《真鍮の都/City of Brass(6E)》
 02《高級市場/High Market(MM)》
 02《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower(UZ)》
 02《スランの採石場/Thran Quarry(UZ)》
creatures:(17)
 04《アカデミーの学長/Academy Rector(UD)》
 01《セラのアバター/Serra Avatar(UZ)》
 04《極楽鳥/Birds of Paradise(6E)》
 04《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(6E)》
 04《ティタニアの僧侶/Priest of Titania(UZ)》
other spells:(22)
 04《悟りの教示者/Enlightened Tutor(6E)》
 01《押収/Confiscate(UZ)》
 01《ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will(UZ)》
 01《ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain(UD)》
 04《菌獣の群落/Saproling Cluster(NE)》
 04《繁殖力/Fecundity(UZ)》
 01《再誕のパターン/Pattern of Rebirth(UD)》
 04《アシュノッドの供犠台/Ashnod's Altar(6E)》
 01《研磨石/Whetstone(UZ)》
 01《蛇かご/Snake Basket(6E)》

Sideboard:
 01《絶対の法/Absolute Law(UZ)》
 01《浄化の印章/Seal of Cleansing(NE)》
 01《オーラの破れ目/Aura Fracture(PR)》
 03《ハルマゲドン/Armageddon(6E)》
 01《日中の光/Light of Day(6E)》
 01《崇拝/Worship(UZ)》
 01《パララクスの波/Parallax Wave(NE)》
 01《魔力流出/Energy Flux(MM)》
 01《猛火/Blaze(6E)》
 01《弱者の石/Meekstone(6E)》
 01《防御の光網/Defense Grid(UL)》
 01《レイモスの心臓/Heart of Ramos(MM)》
 01《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor(UZ)》

 《菌獣の群落》《繁殖力》《アシュノッドの供犠台》を利用し、大量のマナを《蛇かご》《研磨石》《猛火》につぎこむ。最速3ターンキルも可能。
 また4枚の《悟りの教示者》で、サイドボードから投入したカードをシルバーバレットとして機能させる所にも注目。


◆ヤーノシュ・クーエン(Quarterfinalist:7th)

「アングリー・ノン・ハーミット」

Main Deck:(60)
land:(24)
 10《森/Forest》
 04《山/Mountain》
 02《黄塵地帯/Dust Bowl(MM)》
 04《カープルーザンの森/Karplusan Forest(6E)》
 04《リシャーダの港/Rishadan Port(MM)》
creatures:(20)
 04《なだれ乗り/Avalanche Riders(UL)》
 04《極楽鳥/Birds of Paradise(6E)》
 04《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(6E)》
 02《ティタニアの僧侶/Priest of Titania(UZ)》
 04《ブラストダーム/Blastoderm(NE)》
 02《マスティコア/Masticore(UD)》
other spells:(16)
 04《弧状の稲妻/Arc Lightning(UZ)》
 04《石の雨/Stone Rain(6E)》
 01《忍び寄るカビ/Creeping Mold(6E)》
 04《すき込み/Plow Under(UD)》
 02《はじける子嚢/Saproling Burst(NE)》
 01《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor(UZ)》

Sideboard:
 02《荒残/Rack and Ruin(UL)》
 04《沸騰/Boil(6E)》
 02《火炎弾/Flameshot(PR)》
 03《ウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutan(6E)》
 01《忍び寄るカビ/Creeping Mold(6E)》
 01《木っ端みじん/Splinter(UD)》
 01《マスティコア/Masticore(UD)》
 01《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor(UZ)》

 19枚の対土地コントロール力は伊達ではなく、じわじわと相手の土地を縛りながら、優位を保って《ブラストダーム》や《はじける子嚢》で殴り倒すデッキ。
 ノンハーミット、とは、同型の《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit(UL)》を使用した「アングリーハーミット」の改造案で、ファッティを採用し打撃力を上げた設計をしたデッキのことである。


◆トム・ヴァン・デ・ロト(Quarterfinalist:5th)

「リプレニッシュ」

Main Deck:(60)
land:(25)
 09《島/Island》
 08《平地/Plains》
 04《アダーカー荒原/Adarkar Wastes(6E)》
 04《リシャーダの港/Rishadan Port(MM)》
other spells:(35)
 03《悟りの教示者/Enlightened Tutor(6E)》
 01《浄化の印章/Seal of Cleansing(NE)》
 04《オパール色の輝き/Opalescence(UD)》
 04《補充/Replenish(UD)》
 04《パララクスの波/Parallax Wave(NE)》
 01《神の怒り/Wrath of God(6E)》
 01《神秘の教示者/Mystical Tutor(6E)》
 01《退去の印章/Seal of Removal(NE)》
 01《エネルギー・フィールド/Energy Field(UZ)》
 03《対抗呪文/Counterspell(MM)》
 04《調律/Attunement(UZ)》
 04《大あわての捜索/Frantic Search(UL)》
 03《パララクスの潮流/Parallax Tide(NE)》
 01《空色のダイアモンド/Sky Diamond(6E)》
Sideboard:
 03《消去/Erase(UL)》
 01《黒の防御円/Circle of Protection: Black(6E)》
 01《浄化の印章/Seal of Cleansing(NE)》
 02《神の怒り/Wrath of God(6E)》
 01《寒け/Chill(6E)》
 02《目くらまし/Daze(NE)》
 02《軽快なリフレイン/Lilting Refrain(UZ)》
 02《水没/Submerge(NE)》
 01《呪われたトーテム像/Cursed Totem(6E)》

 すべてがシナジーで構成され、デッキ完成度は非常に高い。ふたつのパララクス・エンチャントを使いターンを稼ぎ、墓地に大量のエンチャントを抱えて《補充》を撃つもよし、《オパール色の輝き》を先に出してビートダウンするも良しという、攻めには事欠かないコントロール・コンボデッキである。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|