徹甲榴弾談義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注:旧サフィ邸の記事


爆装と私が呼ぶ弾の一つ、徹甲榴弾?
魚の形をした弾が敵に刺さるようにしてとどまり、
大きな音を立てて炸裂します。

注目ポイントは二つ。
 ・音爆効果
 ・固定ダメージ

ガンナーは何が面白いって、やっぱり銃であるがゆえに。
他にあるでしょうか、武器が爆発するというハンタータイプ?
とりあえず今はありませんよね。
武器の範疇の中で唯一、徹甲榴弾は音爆効果をもっています。
音爆弾というとあの補助アイテム…攻撃要素は何も持ちえません。
そしてその効果はザザミの防御解除、ディア、ガレオス、
ガノトトスを砂漠や湖から引きずり出す、雑魚を沈黙させる、
クックの拘束効果(意外に効果覿(てき)面。)
…ともう見事に支援効果ばっかりです。
それを30zかそこらで手軽に買える、しかも固定ダメージつき…
コレは買いだ。
運用技術として、タイミングを取ったりすることは必要にはなりますが、
音爆効果を持っているだけでも弾として使う価値はある意味保証されています。
「音爆弾」。そう呼んでも過言にはならないかもしれません(笑。

  • 爆装の持つ意味
爆装の持つ意味は二つ。防御力無視と、攻撃力無視です。
アタッカーにとっても、外殻の硬い敵、弱点を狙うのが難しい敵は
通常弾貫通弾で攻めていては辟易するでしょう。
こういう敵にアクセントとしてコレを持っていくと相対的に
高い攻撃性を発揮してくれるわけで、なかなかに有効です。
そして攻撃力無視とは。
爆弾のダメージは銃の攻撃力に依存しません。
着弾のダメージ差なんてたかが知れています。
そこで思い切ってクロスボウガン改なんて使ってみても
殆どあのディスティハーダと同じ攻撃力。おいしい。
というよりも、支援性能に特化した銃は、なるほど支援としては
至極使いやすいものが多いとはいえ、その分攻撃力が犠牲になったというものが
殆どです(タツジンやインジェクションガンなど)。
まして支援戦術の中心にすえるのが回復だったりすると
攻撃するどころか回復させることも結構あります。
そういう攻撃力の不足を補ってくれるのがこういう固定ダメージの弾ということで、
爆装や毒弾の出番なのです。

  • 音爆弾効果
音爆弾効果は、師が「これがないからバスターは俺ん中じゃエースにならん」と
いったほど、サポートにとっては欠くべからざる効果…というより、大きな効果なんですね。
音爆弾は直接に拘束効果を持っているということもあるには
あるのですが、もう少しよく見てみると
ザザミの防御を解いてよろめかせたり、
トトスを水辺から砂浜へ移動させたり、ガレオスを地中から引き上げて攻撃可能にしたり。
また、クックを瀕死時巣へ引き上げるのを阻止したり
オオナズチの透明化阻止だったりというのは、
これすべて剣士が攻撃も何もできない状況を解消するのに役立っています。
ただ単に攻撃力の底上げという意味に留まりません。
敵が逃げててこっちは何もできない、無意味に戦闘時間ばかりが延びていくという状況は
ハンターにとってはとても大きなストレスです。
このストレスを解消し、戦闘のピッチを上げて面白くするこれに音爆弾は一役買うのです。

クックにおいてもトトスにおいても怒らせるだけじゃないのです。
むしろ怒り出すの承知で徹甲榴弾(当然剣士も音爆投げますよね?)、
そのあとの拘束や防御補助こそサポーターの面目躍如、
出番ってわけです。
それどころか、クックのように基本的に攻撃の軽い敵、
トトスのように運動が単純な敵には、
少しくらい怒っていた方がスリルがあって燃える、という人もいます。
怒らせたらまずい実力のパーティもあることでしょうが、
怒らせても大丈夫であるためには、サポーターの腕一つあれば十分。
そういっても過言ではないはずです。

残念ながら徹甲榴弾をディアブロスの拘束に使うわけには
いきませんが、音爆効果が有効な敵がこれだけいれば、
支援者として銃に徹甲榴弾が対応していて欲しい、というのは
決してわからないことではありません。
同じように、徹甲榴弾が対応していなかったら
音爆弾を持っていってもいいくらい榴弾は有効だし
音爆弾効果も有効なものです。補助アイテムを面倒くさがらずに
使ってみてはどうでしょう。
同じくらい、弾でも豊富な支援戦術(策)は生み出せますけどね(笑。

支援戦術っていうのは心づくし。
何を用意してもいいのですが、その目的は一つです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。