紅碧の対弩


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リオレウス?リオレイア?の素材から製造されるライトボウガンで
当たり障りのない平均的性能が売り。
不足と言うと、拡散弾に対応していないことから来るパンチの弱さ、といった程度。

性能的には平均かそれ以下といった感じの武器であるが、
それにしては逆鱗をふんだんに使うコストの高い武器であり、
そのせいで巷での評判・人気はきわめて低い。



逆鱗なみ、なんていっちゃっていいのやら。
どうかしたら、必要な分の粉塵が一日に揃う確率と
同じくらいなんじゃないか。
それくらい、街ではなかなかお目にかかれない、第二線級ボウガンの中でも
通しか触らないんではないだろうか、とにかく見ない銃です。
男子第二号。

銃とあれこれ―11―
 紅碧の対弩 ~隠れ有能なボンボン~

街で目にすることは少ない彼は
これまた街で簡単に手にすることが出来ないレアなアイテムを身にまとい
どうやらお金持ちらしい装い。性格的に素直、だが特徴が薄いので
ただお金持ちだという個性ばかりが目立ち、そのせいか友達が少ない。
実は頭がよく回り、学校では成績優秀。

対弩系のアイテムは繚乱、蒼桜、紅碧の三つで
これは三兄弟といってもよさそうですが、繚乱はよく見かける一方で
紅碧の対弩なんて殆ど見かけません。
というのも手伝って、あんまり製作に興味のないライトボウガンですが
灰色のリストの中数少ない製作可能銃だったため、作ってみました。
私だって使うボウガンにこだわりはあるし、
第一使わないボウガンは作らない主義なので、コイツはちゃんと
役立ってくれるぞという確信のもとに作りましたけどね。

リロードスピードやや速い、弾種は通常全、貫通1-2、散弾1、徹甲1-2、
そして支援弾全種、火炎、鬼人。
卒がありません。そして威力は228です。ライト上位クラス。
攻撃力も使い心地も悪くないようです。これでスロットは2つ。
なんてことでしょう。穴二つでこの性能……!
ヘビィバスタークラブと同じようなものを感じます。

支援弾への対応というのはある意味ではライトでの常識というか、
ライトボウガンでは広く支援弾に対応していて
しかも攻撃力がないぶんサポート能力の活用というのは常に視野に入ることで
そう考えると紅碧が支援弾を全部備えていることは特に
こいつが優れているというわけではありません。まあ、まず普通。
やや速いリロードというのもライトの中では常識の範囲内かもしれません。
速い銃ならいくらでも…グレネード、サンド、タツジン。まあ、普通。
攻撃力に至っては対弩三兄弟のなかでは一人だけ低い値を返します。
まあだから、低すぎもせずライトボウガンの中では、普通。
どうでしょう、これ。使いやすそうじゃないですか(笑。
ヘビィボウガンでいえばあの、バスタークラブがそうですが
ある程度がちゃんと揃っていて攻防両面にある程度活躍でき、
それなのに卓抜した能力がないので使い方は使い手自身が考えなければならない、
しかしそれは逆にボウガンの方がこうやって使えと指示してこない
ということはもっともガンナーとしての頭が試され、
同時に自由な戦術を組む素地となる(余計な先入観が入らない)といえ
使いやすそうだなあということになるのです。
速射性能が削られているのもいい感じです。弾が使いやすい。
ここから別の銃に走る人ももちろんいるでしょう、いて構いません
私はしかしここに、諸般の事情あってとどまると思います(笑

「え、おれ? いいよーひまだし」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。