既出ジャンル「下ネタ姉」まとめ&保管庫 その2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

317 愛のVIP戦士 後ろに妹がいる中書いたんだぜ。はらはらどきどきなんだぜ。 07/04/28 19:07:36 ID:dvlWOjWI
俺の朝は早い。
姉さんより早く起きないと、姉さんが起こしに来るからだ。その結果どうなるかというと、学校を休むハメになる。
姉さんのことは好きだが、留年するわけには行かないのだ。

着替えて部屋を出ると、廊下に姉さんがいた。俺を起こすつもりだったらしい。
「あ、おとうとくん!おはようにゃん!」
おかしいね。まだ寝ぼけているみたいだ。姉さんの頭の上に変なものが見える。
「どうしたの?早く朝ご飯食べようにゃん!」
姉さんの頭の上に、獣の耳っぽいものが見える。おまけに変な声も聞こえる。なんだよ「にゃん」って。

数瞬後、俺は完全に覚醒した。

「姉さん!?その耳何!?ネコミミ!?」
「これ?なんか朝起きたらついてたの。可愛いでしょ♪」
「語尾の『にゃん』は」
「なんか勝手についちゃうにゃん。そんなことより朝ご飯♪」

これはひどい。ひどすぎる。


事件は昼休みに起こった。
姉さんが俺の教室に、弁当を持ってきたのだ。
それだけならいつものことなんだが、

「おとうとくん!ご飯一緒に食べようにゃん!」

ざざざざざ、とクラスメイトが引いていく。無理もないか。

「弟・・・・・! やりやがったついに・・・・・・!」
「あれれ~? 人として大事な何かがないよ~?」
「行こう渡辺さん。ここもじき腐海に沈む」
「なにあれ。ドラッグでもやってんの?」
「ダメ、ゼッタイ!」
「ざわ・・・・ ざわ・・・・」
「平等は悪である!」
「諸君、私は戦争が好きだ」
「弟!私はあなたのように生きて、死にたい!」

「姉さん、屋上へ行こう。ここで弁当食えるほど俺は豪傑じゃあない。」
「わかった!」

323 愛のVIP戦士 07/05/03 20:35:29 ID:nuijiXMv
仕事を終え帰宅すると、夕飯ができていた。

「いただきます」
「いただきます」

姉さんと二人で食卓を囲む。俺が大学を卒業して就職して以来、ずっとこんな感じだ。

「おいしい?」
「うん。姉さんは昔から、家事だけは得意だね」
「『だけは』ってなによお。」

ある一つの点を除けば、素晴らしい姉なんだが。
無職であるという点を除けば。

夕食後、俺はそのことに触れた。
「姉さん。やっぱりニートはよくないよ」
「私はニートなんかじゃない!」
「じゃあなんなの」
「ふふふふふ良くきいてくれたわねおとうとくん。
 私はね、主婦よ!」
「主婦?」
「そうよ!新妻よ!」
「何を言い出すかと思えば・・・
 確かに家事は色々してくれているし、それには感謝してるけど」
「まあ見ていなさい」

自分の部屋に帰る姉さん。なにか秘策でもあるのか。
数分後、部屋から出てきた姉さんがきていたものは

「どう?これこそ全世界基準、新妻の標準装備よ!」

洋風エプロンだった。
それだけなら何ら問題はない。
エプロン『だけ』なのが問題だ。

「ね、姉さん!」
「あら、赤くなっちゃって。かーわい♪」
「なんだよそれは!」
「しらないの?若奥さんはこうして旦那さんを誘うのよ」
そろそろと手をエプロンの裾に伸ばし、
「うふふ。裸より、えっちでしょ」
ゆっくりと裾をめくる。
「!!!!!??!?!」
「お風呂も入ったし、ご飯も食べたし、次はやっぱり・・・わたしかな?」


こうして、姉さんは無事「ニート」から「若奥様」にクラスチェンジした。

333 愛のVIP戦士 07/05/08 00:59:29 ID:sxsjgqjH
ある日の夕方。
家に帰ると、姉さんがソファーで寝ていた。またこんなところで寝て、と思い起こそうとしたが

「…んんん」

とても幸せそうな寝顔をしている。
起こすのが躊躇われるじゃないか。
「…おとうとくぅん」
俺の夢を見ているのか。起きている間は俺を困らせてばかりの姉さんだが、こうしていると、やっぱり綺麗だ。
姉さんが少し体をよじって

「ん、おとうとくんのおなか…お姉ちゃんのザーメンでタプンタプンだね…」
「姉さん。姉さん。起きて」

姉さんがゆっくりと目を開けて
「…あ、おとうとくんおかえり」
「ああ、ただいま。
 姉さん、寝るなら自分の部屋で寝なさい」
「ん、分かった…
 でも…」
「?」
「なんか凄い夢を見てたような気がするのよねー」
「忘れなさい」

350 愛のVIP戦士 07/05/14 23:11:13 ID:0AH2nlc9
全米が泣いた衝撃作、ついに日本上陸!

―――許されない、恋だった

「私は彼を、女として愛しております。
 彼は私の、実の弟です」

―――それでも貫き通す、そう誓ったはずだった

「うるさいわねそれがどうしたっていうのよ!
 私が生半可な気持でいるとでも思ってるの!?
 私は弟君と一緒なら何も要らない、それが私の覚悟!
 薄っぺらな考えで、知ったフウなことを語るな、ガキ!」

――しかし抗えぬ運命は、やがて二人を飲み込み

「やめてくれ姉さん!」
「…私、弟君と一緒に居たい。弟君と一緒になりたい」
「姉さん…姉さん!」
――誰も予想し得なかった、驚愕のラストへ
「駄目なお姉ちゃんで、ごめんね」
「こんな大騒ぎにしちゃって、ごめんね」
「我が儘で、ごめんね」
「今まで一緒にいてくれて、ありがとう
 バイバイ、弟君」

「嘘だ…姉さん…姉さぁぁぁぁぁん!!」



かつてない感動をあなたに。
「姉の空、ESPの夏」
7/7、全国一斉公開

「幸せになってね、弟君」