※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


如月高校サッカー部


全国大会にも名をはせる強豪校。
練習は学校のある日は授業が終わってから午後8時まで。
休日の練習は午前7時から準備をし始め7時30分に始まり、1時頃に終わるがその後も顧問の大澤の説教が続く場合も多々ある。
大会が近い時は弁当を食べてそのまま午後もずっと練習が続くこともある。

▽ 部員

☆ 井畑 京吾(いばた けいご)
 7番 ポジション:ボランチ
部長。通院で時々練習を休むが、それでも部長の役で文句を言われない。
全体の動きを見て、的確な指示やカバー、パスを行う。
ボールを繋いでゴールを取りに行くのが一番適しているチームだと思うのに、朔がいつも勝手に動くので頭を悩ませている。

☆ 掛井 朔(かけい さく)
 9番 ポジション:センターフォワード
副部長。部活内のムードメーカー。
自惚れではなく本当にテクニックがあるのだが、よく自分一人でシュートなどを決めようとするのがたまに傷。京吾によく怒られる。
しかしやはり、技能のスバ抜けた如月の主なポイントゲッター。

☆ 菅 涼太(かん りょうた)
 10番 ポジション:トップ下
中学時代に蒼翡と同じチームにいて、2人で「黄金の背骨」と呼ばれていた。
如月では1年で唯一レギュラー入りしている。ゲームセンスもテクニックも文句ない。
ただ、2年のトップ下の人から少し恨まれている。

☆ 鹿山 パウロ(かやま ぱうろ)
 1番 ポジション:ゴールキーパー
ブラジルからの留学生で、手足が長い上にものすごく長身。
またキック力もすごいので、ゴールキックは軽々とハーフウェイラインを越す。
日本語はまだカタコトだが、気さくで和み系。


▽ 1年

☆ 佐藤 貴洋(さとう たかひろ)
 1年 あだ名:タカ
変なところで生真面目。めんどくさそうにするが何かと面倒見はいい。
蒼翡が困っているとよく力を貸してくれる。蒼翡の認識的にはいい男友達。

☆ 荒垣 進太(あらがき しんた)
 1年 あだ名:ガッキー
いつも無駄にテンションが高い。あだ名のガキには「餓鬼」の意味も含まれている。

☆ 田中 明宏(たなか あきひろ)
 1年 あだ名:アキ
なんだかいつもボーっとしている。大食いでとにかく体格がいい。




▽ マネージャー

☆ 朝川 蒼翡(あさがわ そうひ)
幼いころからサッカー一筋で生きてきた。
ポジションはスイーパー。涼太と同じチームにいた時に、その連携攻撃の巧妙さから2人セットで全国に名をはせた。

軽い心で4月にマネージャーになった女子も3人ほどいたが、全員練習がキツすぎると言ってやめて行った。
今は蒼翡が一人でマネージャーの仕事を全部うけおっている。かなりハード。

主な仕事内容
  ・用具の手入れ
  ・水分補給などの世話
  ・自校、他校のデータ取り
  ・顧問、部長の補助




▽ 顧問

★ 大澤 俊司(おおざわ しゅんじ)
27年間如月高校のサッカー部顧問を務めてきた、52歳のおいちゃん。
練習中はよく怒声が聞こえてくる。練習にも時間にも何もかもにすごく厳しいが、そのお陰で今の強さの如月高校があると考えれば、部員達からは密かに慕われている。
毎年全国大会が終わると、おごりで打ち上げ会に連れて行ってくれる。