人のフォームもよく見よう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人のフォームもよく見よう


人のプレーをよく見ようという内容で書かせて頂きましたが、実はフォームについても、同じことが言えるので、こちらについても書いてみようかなと思います。

B,Cクラスと人と、Aクラスの人で何が違うのか?といえば、技術も知識も違うのですが、最終的な差として出てきてしまうのは、"安定性"に尽きるのではないかなと思っています。

Bクラスの上の方の人は、取りきりの作り方も、球種も知ってて、実際に撞くことも出来る。でも、実際に取り切るとなると、なかなかそこまでは出来ない、、、という感じがよくあるように思うのです。

では、どうやったらその"安定性"が身に付くのでしょうか?
一生懸命センターショットをすれば身に付くのでしょうか?

こういう疑問を持ったときに、僕は、上級者のプレー、、ではなく、上級者のフォームをよく観察するのがよいと思います。
プロのビデオでもよいですし、実際に身近に上級者がいれば、その人のプレーを見るでもよし、実際に質問するのもよいかもしれません。

上級者は実に安定したプレーを見せてくれます。
簡単な配置で「あ、飛ばしちゃった!」なんてことはほとんどありません。

「上手い人は安定してるよね」みたいな言い方をする人が時々いますが、僕がちょっと言いたいのは、「上手い人だから安定したプレーができる」のではなくて、「安定したプレーができるから上手い人」なのです。
で、もうちょっと言いたいのは、Aクラス以上の人は「どうやったら安定したプレーをすることが出来るか?」ということを、より深く研究/練習して身に付けていると思うのです。

そして、なかなか気がつかないと思うのですが、その "安定したプレーをするためのコツ"というのは、ゲームの中のプレーで実際にやって見せている はずなのです。
# 声に出して教えてはくれませんが(笑)

なので、「どうやったら上手い人のように安定したプレーが出来るのか?」と疑問に思うような人は、上級者のフォームや撞くための動作をよく見て、「何をやっているのか?」「何が自分とは違うのか?」ということをよく見ておき、それが分かったら、自分のものになるように練習してすれば、安定性が少しづつでも自分のものになると思うのです。

とは言え、こう言うだけでは、何がなんだか、、、と思う人もいるかと思いますので、ヒントになるようなことを書いてみます。

  • キューの水平さはどのくらいか?
  • キュー先は手球があった場所を超えて、どのくらい先までストロークされているか?
  • 素振りのときはキュー先をどのくらいまで近づけているのか?
  • スタンスに入る前の動作はどうしているか?
  • スタンスに入る手順はどうなっているか?
  • 素振りの回数やタイミングは?
  • ブリッジの作り方は?
  • バックストロークはどうなっているか?
  • 肘はどこまで畳んでいるか?
  • 手首やグリップの使い方は?
  • 目線の取り方は?

こういう細かいところ一つ一つで、よいフォームが自分の癖になって身に付いているか、よくないフォームが自分の癖として身に付いているかで、最終的に"安定性"に繋がっていくと思うのです。

ただ、上級者の人も、いくつかのコツ(構えの入り方とかは)簡単な配置では省略してたりしますので、自分が今見たものがすべてではないと言うことも分かってもらった方がよいかなと思いますが、例えば、残った配置が「ロングのカット」とか、「ロングの残り球をクッションタッチから撞かなければいけないような難しいショット」のように難しい配置の場合は、より安定性を取るために、いつもは省略している"コツ"をやってくれると思います。
こういうときに、"いつもとは違う何か"をしていないかをよく見て、それが分かったら自分の感覚の中に取り込んでいくわけです。

上級者のフォームや構えの入り方などを、いろいろな人を見ていくと、人それぞれのスタイルは当然ありますが、共通してやっていること、とかが見えてくると思います。もし共通していることが見つかったなら、それは自分の中にも取り込むべきものなのだと思うのです。
また、逆に、B、Cクラスの人のプレーを見ていて「Aクラスの人は、そういう撞き方はしないんだよな」と思うようなフォームや撞き方だと思えてくると、いつどういう撞き方のときにミスしやすく、次に自分に順番が回ってきそうかどうかも予想できたりします。

というわけで、上級者のプレーというのは、球種や球の取り方だけではなくて、そのフォームやストロークまでの手順、リズムなども参考になるかと思いますので、自分がプレーしていない間もよく観察してみましょう。
上手い人のプレーを、「スゲー!ウマイ!」と思うだけではなく、時にはそんな観点で見てもらえればなと思います。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。