セブンボールゲーム ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セブンボール(7ボール)ゲーム ルール


ここに書かれたセブンボールのルールは、完璧なセブンボールのルールを作るために、いろんなところからの情報の集めて、編集されたものです。

セブンボール(7ボール)ゲーム ルール

セブンボールゲームは、進み方の早いビリヤードのゲームで、他のゲームと同じように、多くの技術と、(多分)少しの運を必要とするゲームです。
The game of seven ball is a fast-paced billiards game that requires a lot of skill and perhaps a little bit of luck, like most games.
テーブルの上には7つのボールがあるだけで、ゲームをするのに長い時間が必要になることはほとんどありません。(7番以外の)6個のボールはどこのポケットに落としても良いことで、より短い時間でゲームが終わります。
With only seven balls being on the table there is little need for the game to go on for an extended period of time, making the game even more of a quick finish is the fact that six of the seven balls need not go in any particular pocket.

セブンボールは9ボールのバリエーションで、基本的には同じルールですが、2つの違いがあります。
7 ball is a variation of 9 ball. It uses basically the same rules with 2 changes.
セブンボールの素晴らしいところは、プレイヤーの実力に違いがあるときでも、セブンボールをプレイすることが出来ると言う点です。
One of the beauties of seven ball is that you can play it when you have two players of unequal skill.
たとえば、経験の少ないプレイヤーは、7番を入れるときに4つのポケットを使ってポケットしてよいけれども、経験の多いプレイヤーは7番を狙ってよいポケットは2つだけの限られる、など。
The player with less experience may have four possible pockets in which to hit the seven ball while the more experienced player may have only two possible holes.
もし、あなたが7ボールゲームをスピーディに行いたいなら、7番を落とすときに6つのポケットどれでも使ってよいことにしてもよいです。
If you choose to play seven ball just for the speed of the game you can agree to be able to pocket the seven ball on any of the six holes.
より詳細なルールは、以下に記載したルールで確認できます。
You'll find more details on 7 ball billiard rules below.

  1. 各プレイヤーは、7番を落とすときに片一方の側のポケットのみ狙ってよい。
  2. 7番を狙ったときにファールをしたら、負けになります。

  1. Each player only has 1 side of the table to pocket the 7 ball.
  2. A foul on the 7 ball is loss of game.

セブンボールのラック

The first step to having a successful and competitive game of seven ball is to rack the balls according to the rules.
ちゃんとしたセブンボールゲームをするための最初のステップは、セブンボールのルールに従ってラックすることです。
In seven ball billiards, the balls are to be placed in a circle with the one ball being in front and two through six being counterclockwise from that spot.
セブンボールのラックでは、1番をトップにおいて、2から6番は時計と逆周りに円を描くように置きます。
The seven ball is placed in the center of the circle and, when the breaking shot is made, it must legally pocket one ball or be re-racked for the opposing shooter to break.
7番は円の真ん中に置かれ、ブレイクショットが行われたとき、(最低でも?)一つのボールはポケットに入らなければならず、そうでない場合は、ブレイクを交代してもう一度ラックが組まれます。

Balls numbered 1 through 7 are racked in circular form, with the 1-ball at the head and the 7-ball in the middle. The sequence of all other object balls is irrelevant.
1番から7番のボールは、円を描くようにラックされ、1番はヘッドの位置に、7番は中心に置かれます。そのほかのボールの順序は関係ありません。
See the IMAGE of the 7 ball rack below.
セブンボールのラックのイメージは下図を見てね。
It is an image of racking up a game of seven-ball using a special hexagonal seven-ball rack, and incidentally also using a special 7 ball that borrows the black color and stripe, respectively, of the "money balls" in the games of eight-ball and nine-ball, to make it stand out more.
これは、セブンボール用の特殊な6角形を使ってセブンボールゲームのラックをしたところの図です。ついでにより目立たせるために黒でストライプされた特殊な7番ボールを使っています(ナインボールとエイトボールのゲームボールから借りてきてます)。
The 1 ball is on the foot spot.
1番ボールはフットスポットの上に置かれます。

セブンボールゲームのブレイク

Player's can either lag or flip for the break.
プレイヤーは、ブレイクのためにバンキングやコイントスしてしてもよいです。
A legal break occurs when an object ball is pocketed or at least four object balls contact a rail.
ブレイクにおいては、的球がポケットされるか、少なくとも4つの的球がクッションにさわらなければなりません。
The 1-ball must be contacted first.
また、1番ボールには初めに当たらなくてはなりません。
If this does not occur, the opponent can accept the table as is or request a re-rack and be awarded the break.
もし、これらが発生しなければ、対戦相手はそのまま続けるか、ラックを組みなおしてブレイクが与えられます。
If the 7-ball is pocketed on the break, and a foul does not occur, it is a win.
もし、ブレイクで7番ボールが落ち、ファウルが発生してなければ、勝ちになります。
If the 7-ball is made and a foul doe occur, the 7-ball is spotted and the opponent has ball in hand throughout the table. All balls, with the exception of the 7-ball, remain pocketed.
もし、ブレイクで7番ボールが落ち、ファウルが発生した場合は、7番ボールを(フット)スポットに戻し、対戦相手にフリーボールが与えられます。その場合、7番ボール以外のボールがポケットされていれば、ポケットされたままにしておきます。
In seven ball billiards the balls have no point value and the object is to legally pocket the seven ball.
セブンボールゲームでは、ボールに得点が割り振られてはいません。ゲームの目的は、7番ボールをポケットすることです。
However, after the opening shot the two opposing shooters must choose a side of the table to attempt to shoot the seven ball into.
しかし、ブレイクの後、プレイヤーは、7番ボールをテーブルのどちらの側のポケットに落とすか選ばなくてはなりません。
So, either player is able to shoot balls one through six into any open pocket, but once the seven ball is left it must go into the pocket on the side that he/she declared after the opening break.
そして、各プレイヤーは1番から6番までのボールはとこのポケットに入れてもかまいません。しかし、一旦7番ボールが残されたら、7番ボールはブレイクの後に選ばれた自分の側のポケットに入らなければ成りません。

セブンボールゲームでのプッシュアウト

Immediately following the break, regardless of which player is shooting, a push out can occur.
ブレイクの直後であれば、どちらのプレイヤーにおいても、プッシュアウトがコールできます。
If the player does not feel confident with the location of the cue ball, they are allowed to shot it to a new location on the table.
もしプレイヤーがその手球の位置で自身が無いなら、違う位置に手球を撞いて移動させることが出来ます。
They are not required to contact any object ball and no foul can be called, with the acception of a scratch.
その場合には、手球が的球に当たらなくても、ファールにはなりません。スクラッチでもなりません。
The player must notify their opponent that they are going to push out, else it will be considered a regular shot.
プレイヤーは、プッシュアウトする場合には事前に対戦相手に伝えなくてはなりません。そうでなければ通常のショットだとみなされます。
After the push out, the opponent has the option to accept the cue ball where it lies or can make the player shot again.
プッシュアウトの後は、プッシュアウトされた対戦相手は、その手球の位置で続けるか、(自分ではプレーせずに)プッシュアウトした相手につかせるかを選ぶことができます。
A push out can occur only once in a game and only on the shot immediately following the break.
ブッシュアウトは1ゲームで1回だけブレイクの直後のみ行うことができます。

セブンボールをポケットするテーブルのサイドの決め方

After the break, the non-breaking seven ball player picks a side of the table, where he/she is going to pocket the 7 ball.
ブレイク後、ブレイクをしていない側のプレイヤーが7番ボールをポケットするための自分のサイドを決めます。
The breaking player has the opposite side of the table.
ブレイクしたプレイヤーはその反対側になります。

セブンボールでの有効な(ファウルでない)ショット

The player must contact the lowest numbered object ball first and either pocket any object ball or cause contact an object ball or the cue ball to contact a rail after initial contact.
プレイヤーが撞いた手玉は、テーブルの上の最小番号のボールに初めに当たらなくてはなりません。
そして、何らかの的球がポケットされるか、的球に当たった後に、手球か的球がクッションに入らなくてはなりません(つまり、ノークッションファウルは適用されるということ)。
Object balls need not be called. If the seven ball is pocketed on the shooter's side of the table during a legal shot, it is a win.
コールショットは必要ありません。もし7番ボールが入ったのが、撞いた人の側のポケットであれば、勝ちになります。
If the seven ball is pocketed on his/her opponet's side, it is spotted.
もし、7番ボールが相手側のポケットに入ってしまった場合は、(フット)スポットに戻ります。
To recap, the shooter, on any shot except the final seven ball, must first contact the lowest numbered ball on the table before a shot is considered legal. However, if the opening shooter pockets the seven ball on the opening break, after first contacting the one ball, it IS enough to declare the opening shooter the winner of the game even though they had not declared a side of the table to pocket the ball yet.

7 Ball - Frozen object ball

If an object ball is in direct contact with a rail, it is said to be frozen. The opponent is required to notify the shooter that a ball is frozen to a rail. If a player attempts to pocket a frozen ball, it is a foul unless they:

make the ball, or any other object ball
cause the frozen ball to contact a different rail, or
cause the cue ball or any other object ball to contact a rail

Seven Ball - Pocketed Balls

Any object ball pocketed illegally will remain pocketed, with the exception of the 7-ball. If the 7-ball is illegally pocketed, it will be spotted.

7 Ball - Object balls off the table

If a player causes any object ball to leave the playing area, it will be pocketed and the shot considered a foul.

Seven Ball - Jump shot

For a jump shot to be legal, the cue tip must strike the cue ball above center, forcing the cue ball into the table. Any contact below the cue ball, causing it to 'scoop' off the table, is a foul. Note that if a player is attempting to hit low on the cue ball during a regular shot (such as a draw shot) and unintentionally 'scoops' the cue ball, it is not a foul.

7 Ball - Push shot

A push shot occurs when the cue ball and an object ball are frozen together. If the player shoots (pushes) through the balls, it is considered a foul (this will be noticeable because the cue ball and object ball will travel down table at the same speed). To avoid a foul, the player is required to elevate their cue during the shot. It is the responsibility of the opponent to ask a third party to referee over the shot before it takes place; otherwise, a foul cannot be called.

Seven Ball - Double Hit shot

Similar to a push shot, with the exception that the cue ball and object ball are not frozen. Rather, they are very close together and the effect of a player shooting (pushing) through both balls is likely. All statements mentioned above regarding a push shot apply to a double hit.

7 Ball - Foul

A shot will be considered a foul if a player

Fails to make a legal shot
Pockets the cue ball or sends it off the table
Shots while not having contact with the floor
causes a push shot
causes a double hit
performs an illegal jump shot
The penalty for all fouls is ball in hand for the opponent throughout the table.

Three consecutive fouls is loss of game. After the second foul, it is the responsibility of the other player to warn the fouling player that he/she is "on 2 fouls." If the fouling player is not warnned, it is not loss of game. Then the foul count will be reset back to zero.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。