遊び方とルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遊び方とルール


共通のルール


<共通の遊び方>

  • ビリヤードは、手球をキューで撞いて、そのほかの的球に当てて、ポケットに落としていくゲームです。
  • 手球を撞いた後、ポケットにボールが落ちれば、続けて撞くことが出来ます。
  • 手球を撞いた後、ポケットにボールが落ちなかったり、落ちてもファールしたりすると、プレイヤー交代となります。

<ファールの後の扱い>
  • ファールしたら、次のプレーヤーは手球を自由な位置において、再開できます(ゲームによりますが)。
  • ファールしたとき、的球が落ちてしまった場合には、その的球をフットスポット(ラックをするときの目印のポイント部分)に、落ちた的球を戻します。

<ファール>
  • 手球が(当てなきゃいけない)的球に当たらなかったとき。
  • 手球が(当てなきゃいけない)的球に初めに当たらなかった場合。
  • 手球やそのほかの球に触ってしまったとき(球触り)。衣服等が触ってもダメです。
  • 手球がポケットに落ちた場合(スクラッチと言います)。
  • ボールが場外に飛び出した場合(場外)。
  • ショットの際、両足が床から離れた場合(片足のつま先だけでも床につけなければいけません)。
  • 手球をタップ以外の場所で撞いた場合。
  • 故意によって手球をミスジャンプさせた場合(ボールの下側をすくうように撞いてジャンプさせるのは、タップ以外の場所で撞くとみなされてファールとなります)。
  • 一回のストロークの中で、手球を二度以上撞いた場合(二度撞き)
  • 手球が(当てなきゃいけない)的球に当たった後、力加減が弱すぎて、手球も的球も1個もクッションに入らなかったとき(ノークッションファール)

セブンボール(7ボール)(初心者向け)


初心者向けのゲームとして、セブンボールゲームを紹介します。
自分がゲームしていたわけではなく、NETに書いてあったものなので、詳細なルールが違っているかもしれませんので、その際には、ご指摘ください。

セブンボールは9ボールの変形といえるもので、ルールはこんな感じです。

  • 1番から7番までのカラーボールを用いて行われるゲームです。
  • ラックは7番ボールを中心に置き、1番を上に、残りは適当に正六角形に囲んで立てます。通常のラックでは尖ったほうを上に持ってきますが、正六角形にする為に若干傾けないといけないです。
  • ブレイクは、ヘッドラインの内側から行います(通常の9ボールと同じ)。
  • 順番(ターン)が変わるとき、7ボールでは必ずフリーボールとなります(9ボールとここが違います)。
  • 手球で狙う球は、テーブル上の最小番号のボールを狙います。手球で最小番号のボールを当てれば、実際にポケットする球はどれを狙っても(7番を狙っても)よいです。
  • 7番を落とした人が勝ちです。

セブンボール(7ボール)(海外ルール?)


セブンボールゲームの詳細なルールを探していたら、海外のサイトに詳細なルールが載っていました。
よく読んでみたら、上に書いたセブンボールのルールとは全然違ったのですが、それはそれでいいかなと思ったので翻訳したものを載せて置きます。

7ボールがゲームボールになるのは同じなのですが、「順番(ターン)が変わるときに、フリーボールにはならない」、「ゲームボールの7番は(ハンデなどによって)、ポケットが制限される」というところが違います。

詳しくは、ここに書いてみました。
セブンボールゲーム ルール

もともとは、以下のサイトにあったものを翻訳しています。
http://www.billiardsforum.info/pool-rules/seven-ball-billiard-rules.asp


ネオナインボール(初心者用)


ナインボール


59

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。