しっかり撞けるようになろう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

しっかり撞けるようになろう


ビリヤード初心者やこれから始めてビリヤードする人にまず覚えて欲しいのは、しっかり撞けるようになることです。

良くビリヤード屋で見かける光景としては、彼氏が彼女を連れてきて一緒に遊んでるんだけど、ちゃんと彼女に教えてあげられないために、彼女がつまらなくなってきて雰囲気が悪くなるってところを良く見かけます。

誰が悪いって話じゃないんだけど、もったいないなあ、と思ってみてたりします。
#彼女と一緒にビリヤードしてるのが羨ましいって話だったりもしますが、、。

ま、それはそれとして、ビリヤードがつまらなくなる原因は、しっかり撞けない、もっと言えば 「ミスキューしちゃう」 ことが大きいかな、と思うわけです。

なので、まず初めは、ミスキューしないで(大体)狙った方向に撞けるようになりましょう。
というわけで、しっかり撞くために、以下のようなことをやってみてください。


1.とにかくブリッジをしっかり

とにかくブリッジが出来てないと、どうやってもうまく行きません。
ブリッジとは、左手(利き手と逆の手)で作るキューを支える土台のことです。

そして、初心者が一番出来ていないところであり、しっかり撞けない最も大きな原因でもあります。

V字ブリッジが簡単なので、まずはV字ブリッジを覚えましょう。

<V字ブリッジの写真>
(掲載予定)

<V字ブリッジの作り方>
  • 左手の人差し指の付け根の関節を、90度に曲げる。
  • 人差し指の第2関節に、親指の第1関節を強くくっつける。
  • そのまま、左手をテーブルに置き、小指、薬指、中指を出来るだけ広げる。
  • 人差し指と親指で作ったV字の場所にキューを乗せる。

大事なことは、人差し指と親指でV字がきちんと作られることです。
ここで、V字ではなくて平らになってしまったりすると、キューが左右にぶれてしまいます。
V字部分の谷のところにキューを置いて安定させてください。
これが出来れば、7割くらいはもう出来たようなもんです。

2.顔の真下にキューを持ってくる。

しっかり撞くのもそうですが、真っ直ぐ撞くのも大事なので、ここに書いておきます。
特に意識しなくても、出来てしまう人も多いのですが、時々キューを顔の横に出しながら振っている人がいますのできちんと顔の真下に持ってきましょう。

ちなみに、ちゃんと出来ているか良く分からないと言う人は、構えた後、そのままの体制で顔だけ下に向ければ分かります。上手く出来ていれば、目と目の間にキューがあります。

3.大きく振る!(素振り20回!)

初めのうちは、キューを振ることに慣れていないので、大きくキューを振って慣れてしまいましょう。とりあえず、素振りを20回くらいしてみましょう!しかも、出来るだけ大きく。

「えー!大変」って言われそうですが、手球がしっかり撞けたほうが絶対楽しいので、騙されたと思ってやってみて欲しいところです。


ここまで出来れば、とりあえずしっかり撞くことは出来ると思います。
後は、狙った球に思い切りぶつけて、ビリヤードを楽しみましょう!!!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。