狙った場所に正確に当てるにはどうすればいいの?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狙った場所に正確に当てるにはどうすればいいの?


  1. もう一度フォーム
  2. ストロークは体で行うもの
  3. 構えに入る順番
  4. キューと顔の位置
  5. 顔の水平
  6. キューの水平
  7. ヘッドアップしていないか?
  8. 振り終わりでキューを残す



  1. もう一度ブリッジ

ビリヤードのストロークを大砲で弾を撃つことにたとえると、でブリッジは砲台になるかと思います。
砲台がしっかりしていなかったら、弾はどこに飛んでいくか分かりません。
というわけで、ブリッジをしっかりすることが大事です。

誰からも教えてもらったことが無く、友達同士でビリヤードをしている人たちがちゃんと撞けない理由はブリッジがしっかりしていないせいです。

では、ブリッジをしっかりするとはどういうことでしょうか?

一つ目は、しっかりと指でVの字を作って、その谷間にきちんと乗せるということです。
二つ目は、地面に支える指をしっかり広げて、指先に力を入れておく、ということですね。

以下の図では、オープンブリッジ、クローズドブリッジを説明しています。

(ここに下図)

オープンブリッジでは、人差し指の腹の部分に親指を押し当てて、そこにVの字を作っています。
そのVの字の部分にキューを乗せることで、ブリッジの中でキューがずれなくなるわけです。

クローズドブリッジでは、親指と人差し指で輪を作っているのですが、実際には、クローズドブリッジと大きく変わらず、まずは中指の腹の部分に親指を押し当てて、そこにVの字を作り、さらにその上に人差し指を乗せて輪を作っています。この場合は、中指と親指で出来たVの字の部分にキューを乗せ、さらに上からも押さえつけることで、ブリッジの中でキューがずれなくなるわけです。

よりしっかりキューのブレを抑えるには、クローズドブリッジのほうが良いのですが、なかなか慣れないと左手が疲れてしまうので、初めはオープンブリッジでしっかり撞けるようになれればいいかと思います。
クローズドブリッジは、より上手くなりたいと思ったときに、練習してみてください。

  1. もう一度フォーム

何でもそうだと思いますが、上手い人の形をまねるは、上達への近道かと思います。
ビリヤードでも上手い人のフォームは、より上手く撞くための細かなテクニックの集大成といっても過言ではないかとも思います。



  1. ストロークは体で行うもの
  2. 構えに入る順番
  3. キューと顔の位置
  4. 顔の水平
  5. キューの水平
  6. ヘッドアップしていないか?
  7. 振り終わりでキューを残す


  • センターショット

ビリヤードでは、狙ったところにきちんと当てられるのがすごく重要になります。
狙ったところにさえ完璧に当てられる実力があれば、ゲームで勝つ確立も格段に高くなるでしょう。

しかし、この狙ったところに正確に当てるということが非常に難しいわけで、多くの人たちが「センターショット」とかを教えられて、練習していたりするかと思います。

頑張って100発、1000発、10000発練習すれば、当然上手くなるかとは思いますが、自分だけの練習でやっても気がつけない部分や、早く上手くなるためにはコツなども理解したうえで練習したほうが良いかと思うので、ここに書いてみたいなと思っています。

ちなみに、個人的には初心者がセンターショットを練習するのは難易度が高すぎてあんまり良くないのではないかと思っています。ちょっとやさしいと言われるかもしれないですが、以下のような順番で自分の実力を確認しながらやっていくのが良いかと思います。

  1. サイドスポットに向けたセンターショット
  2. コーナーポケットに向けたフットショット(左右)
  3. センターショット

この順番は中心同点での精度の確認だけではなくて、各種同点を使った球種(押し、引き、さらには、捻り)を練習するにも、上記のような順番で練習して、自分が高い精度で撞ける距離は、どのくらいの距離であれば十分な精度で撞けるかというのは、認識していて欲しいなあと思います。

個人的には、フットショットなら95%くらいの確立で入るというくらいの精度であれば、十分ゲームを楽しめると思っています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。