ブリッジを覚えよう!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブリッジを覚えよう!


ブリッジと言うのは、左手(左利きの人は右手)で作る、キューを支える土台のことです。

ちなみに、ビリヤードしたことが無い人で、ビリヤードがうまく出来ない一番の原因は、この ブリッジがちゃんと出来ていないことが原因 です。

なので、とにかく楽しくビリヤードが出来るようになるために、ここをクリアしましょう!!

ブリッジには、クローズドブリッジとオープンブリッジ(V字ブリッジ)がありますが、クローズドブリッジは慣れるまで違和感がありますので、まずはオープンブリッジ(V字ブリッジ)から覚えましょう。

V字ブリッジの作り方は以下の通りです。いろんな解説書にも書かれているかと思うので、あんまり詳しくは説明しません。

(V字ブリッジの作り方:後でちゃんと書きましょう)

ブリッジの一番大事なことは、ぶれないことです。
確認して欲しいのは、キューをブリッジに載せたときに、軽く左右にキューを振ってみます。
そのときに、ブリッジの中でキューが動いたり、ブリッジ(手)全体が動いたりする場合は、ブリッジとしてはNGです。逆に、キューを多少ぶらせても、ブリッジと、ブリッジの中のキューの位置がぶれないようであれば、OKです。

ぶれる場合は、以下を確認してみてください。

  • 人差し指と親指でしっかりV字が出来ているか?
  • 土台(人差し指から小指)の指先に力が入っているか?
  • 人差し指と親指をつけたところに力が入っているか?


この中でも、 V字がきちんと出来ているか が1番大事です。まずここがしっかり出来ていれば、とりあえずは何とかなります。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。