※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第11回ドラフト


【参加表明球団】

セ・リーグ
  • Sally ◆s0jH0Jr0dc
  • イースラー ◆u/eWJ5DzD6
  • 636 ◆X9Uu75LzGE
  • ブストス ◆8EwgtMt56w
  • 余り巨人
  • 余り中日


パ・リーグ
  • 不知火 ◆agc.6D4SKQ
  • 豆 ◆6ugo5z.Z0c
  • 一郎 ◆bmRH6gm1Bo
  • 迷い猫 ◆aKkVIreSEA
  • 余り日ハム
  • 余り楽天


【セ・リーグ最終順位】
イ 80-59-5 .575
6 76-65-3 .539 5.0
ブ 76-66-2 .535 5.5
サ 72-65-7 .525 7.0
巨 47-88-9 .348 31.0
中 46-94-4 .328 34.5

打率 得点 本塁打 盗塁 防御率 失点
イ 249 607 196 55 3.48 540 +67
六 258 565 139 115 3.09 475 +90
ブ 254 640 226 48 4.00 607 +33
サ 260 553 129 33 3.45 550 +3
巨 237 418 86 138 3.70 573 -155
中 250 398 89 74 3.79 569 -171


【パ・リーグ最終順位】
迷 88-56-0 .611
不 87-56-1 .608 0.5
一 83-60-1 .580 4.5
豆 82-62-0 .569 6.0
楽 65-78-1 .454 22.5
日 44-97-3 .312 42.5

打率 得点 本塁打 盗塁 防御率 失点
猫 254 720 233 85 3.73 589 +131
不 265 743 222 49 3.81 605 +138
一 274 655 138 116 3.41 524 +131
豆 280 739 215 79 4.11 678 +61
楽 244 515 125 57 4.30 635 -120
日 249 416 93 66 3.91 624 -208


【暇ドラシリーズ】

第1戦
イースラー(田中)☆-迷い猫(和田)

猫 000 000 000
イ 000 000 040
イースラー4-0迷い猫

岩瀬

シコースキー

戦評
7回まで一歩も譲らぬ投手戦。8回に変わったシコースキーを責め
満塁のチャンスで松田の走者一掃のタイムリーで3点さらに失策が絡み1点を追加
イースラー投手陣は田中、岩瀬のリレーで迷い猫打線を1安打完封


第2戦
イースラー(山口鉄)☆☆-迷い猫(寺原)

猫 001 001 000
イ 020 100 000
イースラー3-2迷い猫

山口鉄

久保田

寺原
本塁打
松田・リンデン・城島・亀井

戦評
イースラーは松田のソロ・リンデンのツーラン、迷い猫も城島・亀井のソロで反撃
最終回、イースラーの守護神、久保田から満塁のチャンスを得るもラロッカ・金本が
凡退し万事休す。
イースラーが細かい継投で逃げ切り2連勝。

第3戦
迷い猫(永井)☆-イースラー(吉見)☆☆

イ 000 000 000
猫 000 001 000
迷い猫1-0イースラー

永井

五十嵐

吉見

戦評
5回までお互い無安打の投手戦。6回裏、迷い猫の1番、西岡にタイムリーツーベース
が出て均衡が破れる。
この1点を永井が8回2安打14奪三振の好投、最後は五十嵐が締め、迷い猫が初勝利
吉見は4安打完投も報われず。

第4戦
迷い猫(増井)☆☆-イースラー(岩隈)☆☆

イ 000 000 000 000 0
猫 000 000 000 000 2
迷い猫2-0イースラー

久保

久保田
本塁打
亀井

戦評
この試合も壮絶な投手戦。延長13回、ランナー1人を置いてイースラーの守護神
久保田から亀井がサヨナラ2ラン。
イースラー打線は22イニング連続無得点。対戦成績が5分に

第5戦
迷い猫(和田)☆☆-イースラー(田中)☆☆☆

イ 001 000 010 1
猫 001 000 001 0
イースラー3-2迷い猫

岩瀬

久保田

久保
本塁打
ペタジーニ・栗原

戦評
8回に栗原のホームランでイースラーが勝ち越し。
完投勝利目前の田中だったが9回1アウトからペタジーニの同点ソロで試合は振り出しに
延長10回表、久保からガイエルが決勝犠飛。
イースラーが暇ドラ一に王手をかけた

第6戦
イースラー(山口鉄)☆☆☆☆-迷い猫(寺原)☆☆

猫 000 000 000
イ 000 010 130
イースラー5-0迷い猫

山口鉄

岩瀬

寺原
本塁打
松田・ガイエル

戦評
イースラーは5回に松田のソロ、7回にホワイトセルの犠飛で得点。
さらに8回にはガイエルの3ランで駄目押し。
8回からマウンドに上がった岩瀬が2回をきっちり締め胴上げ投手。
イースラーさんが参加2連覇という快挙を達成。


【2010第11回暇ドラ一】