屁理屈推理合戦とは?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

屁理屈推理合戦とは、ゲーム「うみねこのなく頃に」から派生した推理ゲームです。
ファンの間で二次創作的に生まれたゲームなので公式とは関係ありません。
また、原作ゲームを知らない方でも楽しめます。


詳しい内容は基本ルールのページにありますが、
こちらでは簡単に噛み砕いて説明していきます。


何をするゲームなの?

出題者は魔女として「人間には不可能に見える事件」を出題し、「魔女が魔法でやった」と主張します。
でも実はこの事件、ちゃんと人間にも起こせる事件なんです。
回答者はそのトリックを見破って、みごと「人間の犯行である」と証明できれば勝ち。
証明できなければ「魔法を認める」ことになり、負けになります。


出題者(魔女)は何ができるの?

問題文を提示し、回答者に【赤字】を示します。
【赤字】は魔女だけが使える権利で、【赤字で示された言葉はゲーム内において絶対の真実】です。
文字色を変更できない場所では【 】でくくった文字を赤字として扱います。
逆に言えば、赤字でない文章は嘘の可能性があります。

魔女は立場上、魔法を肯定していますが
ちゃんと「人間に可能な方法」である真相(答え)を用意しています。
それを当てられたら回答者の勝ちです。

例:
【鍵のかかった箱の中に、キャンディが入っている】
【私は鍵を開けることなく、箱の中からキャンディを取り出した!】
魔法でキャンディを瞬間移動させたのだ!

この場合、回答者は「鍵を開けずに箱の中のキャンディを取り出す方法」を
現実にできる方法で説明するのが勝利条件です。


回答者は何ができるの?

魔女の【赤字】は使えませんが、【赤字】を引き出すための『青字』「復唱要求」が使えます。
魔女から得た赤字をヒントに、どんどん推理を組み立てて追い詰めましょう。

青字

回答者は人間の犯行で説明できる推理を『青字』で示すことができます。
文字色を変更できない場所では『 』でくくった文字を青字として扱います。
青字は主に、自分の推理をぶつけたい時に使われます。

『青字』に対して、魔女は必ず赤字で反論しなければなりません。
ただし、魔女が反論・否定するのは青字の「一部分」でも構いません。
反論できない場合はその青字が真相ということになり、魔女の負けになります。

例:
『箱に穴を開けて、そこからキャンディを取り出した』
『別の人物に鍵を開けてもらった』

魔女の回答例:
【箱に穴は開いていない】
【このゲームの登場人物は私一人である】

青字推理が否定されてしまっても、そこから新たな赤字を引き出せます。
怖れずどんどん青字をぶつけていきましょう。


復唱要求

また、魔女に赤字で復唱させたい内容を復唱要求!「  」という形で要求できます。
主に状況の確認や、情報が欲しい時に使われます。
ただしこちらは魔女は復唱する義務は負いません。

例:
復唱要求「箱は1つしかない」
    ……箱が2つ以上ある可能性を潰すため
復唱要求「ゲーム中、箱の鍵はずっと閉じられたままだった」
    ……最初から鍵がかかっていない可能性を潰すため

魔女の回答例:
【箱は1つしかない】
2つ目は復唱を拒否する。

上のように、魔女は復唱を拒否する場合があります。
赤字で言えない(=真実ではない)から拒否する場合と、
本当は赤字で言えるけど、回答者を惑わせるために拒否する場合があります。


回答者:
『「鍵のかかった箱」とは、施錠されているという意味ではなく
箱にフック等があって、そこに鍵を引っ掛けているという意味だった!
最初から施錠なんてされていないので、普通にキャンディを取り出せた!』

魔女:
……正解だ。負けを認めよう。

「屁理屈推理合戦」の名のとおり、こんな屁理屈な真相だったりします。
推理に行き詰った時は、少し角度を変えて考えてみましょう。
大事なのは発想力と、あきらめない心です。



実際に過去のゲーム盤をご覧になった方がゲームの性質や流れがつかめると思います。
出題者(魔女)はやや難しいので、最初は回答者として参加することをお勧めします。

自分で作った問題を出題したいという方は出題してみよう出題時の注意等もご一読ください。


名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。