heppokoactの技術メモ VBA

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

へ~

  • 3.1 ¥ 1.2 で除算結果の整数部分が得られる。
  • モジュールレベルで宣言した変数は関数の実行が終了しても値を保持し続ける。
  • Select Case で To が使える
    • 不等号を使うなら Case IS < 10
    • カンマでつなぐとOR条件 Case 1, 3
  • Redim しておけば配列の参照は別の配列になる

はまったところ

  • ファイルから数値を読み込み、表示形式「標準」のセルにセットしたが、左上に緑のマークが出て文字列として扱われる
    • 数値に変換してセットしなければ数値扱いされないらしい。
  • Dim orz(3) As String と宣言すると添字0~3の、長さ4の配列ができてた…
  • For i = 0 To Application.Count(配列) ってやっていてはまった。
    • UBound関数を使うべき。
  • 配列の添字は0から始まるのに、SheetsやCellsは1。
  • GetOpenFileNameを使うと選択したファイルのフォルダがロックされる。
    • アプリケーションのカレントディレクトリがそのフォルダになるから。
    • カレントディレクトリを移動してやれば解決する。

プロパティ製造装置

="public property get "&A1&"() as String"&CHAR(13)&CHAR(10)&CHAR(9)&A1&" = m_"&A1&CHAR(13)&CHAR(10)&"end property"&CHAR(13)&CHAR(10)&CHAR(13)&CHAR(10)&"public property let "&A1&"(sValue as String)"&CHAR(13)&CHAR(10)&CHAR(9)&"m_"&A1&"=sValue"&CHAR(13)&CHAR(10)&"end property"&CHAR(13)&CHAR(10)