※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【戦争関連】

《当事者でない第三者が行き過ぎた行為を行っている島・同盟に対して派遣要請があり、なおかつ議会で1/2の反対がなければ派遣》



〈対象〉
  1. 国連加盟の島に対してのみ適用され、加盟していない島同士の戦いには一切干渉しない
  2. 又、攻撃されているのが加盟国の場合、相手の島の所属を問わず派遣できる



〈派兵までのプロセス〉
  1. 戦争へ国連軍の介入を求めれるのは、戦争の当事者でない第三者が行える。
  2. 国連軍派遣の会議に、戦争の当事者・当事者と軍事条約・軍事協力を結んでいる同盟は盟員の1/3(小数点切り捨て)が出席可能
  3. 会議で採択開始から6ターン以内に1/2(又は1/3)の反対が無ければ派遣を決定
 ※原則的に6ターン以内
  1. 決定後に国連軍として派遣対象の同盟(島)に宣戦布告

『H.S.P.M.F・I.M.N間平和条約』は2の軍事条約・軍事協力と同じ扱いとなる



〈派遣取り消し方〉
  1. 議会の3分の2以上の賛成があれば取り消すことを可能とする。



〈国連軍の編成方法〉
1. 国連軍は常に編成される(※ミサイル発射可能数50以上の島は原則参加)
  ↑同盟の参加は盟主(島主)が申請すれば即入隊
2. 国連軍から離れるには国連軍の許可が必要
  ↑6ターン以内にメンバー1/2がが許可してる場合は離隊
  ↑許可がない場合は離隊届け棄却
3. 国連軍大将を二人置く
  ↑有志の方(各同盟の盟主か名の知れた方が望ましい)...多ければ選挙
  ↑同じ同盟から二人以上出ることを禁ずる
4. 大将は国連軍の指揮を行うため、ローカルルールの範囲内で多くの権限を持つ



〈国連軍の行動規定〉
 1,攻撃対象
 職場攻撃 >> 派遣対象全てに
 居住攻撃 >> 対個人に限り(国連の承諾があれば対同盟も可)



〈派遣マニュアル〉
国連軍は「森」「防衛施設」「記念碑」「海」に優先的に《核》《バイオ》《リング》以外のミサイルを撃つ。

原則的に《核》《コロニー》《死星からの攻撃》以外の兵器の使用を許可する

《核》《コロニー》《死星からの攻撃》は国連議会の承認が必要