※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポートとは

ポートとは、主にインターネットに接続されているPC同士を繋ぐ通信回線の出入口の様な物です。

通常、ウイルス等の脅威からPCを守る為にポートは閉じた状態になっています。

つまり、初期状態のままだと通信回線の出入口が塞がっている為
配信や鏡をする事が出来ないのです。

通信回線の出入口を確保する。
それがポートの開放なのです。

ポート開放の方法

(1):Windowsファイアウォール
(2):セキュリティソフトのパーソナルファイアウォール
(3):ルータ

以上の3つで設定を行う必要が有ります。
基本的に機能を停止するor例外設定をするでO.Kです。

尚、ルータを使用してない場合、ルータのポート開放設定は不要です。
但し、プロバイダから支給されるモデムにはルータ機能を内蔵している物もあるので注意が必要です。

(1)Windowsファイアウォールの設定

スタートメニューコントロールパネルセキュリティ
Windowsファイアウォールwindowsファイアウォールの有効化または無効化の順に展開します。 

全般タブ有効(推奨)にチェックを入れ、例外を許可しない(=すべての着信接続をブロックする)のチェックを外して下さい。 

次に例外タブを選択し、プログラムまたはポート項目内でWindowsMedia Encoder及びkagamiチェックを入れて下さい。 

尚、セキュリティソフトの種類によってはWindowsファイアウォールとの競合による不具合を防ぐ為、
Windowsファイアウォールの機能を事前に無効化してくれる物も有ります。

(2)セキュリティソフトのパーソナルファイアウォール

セキュリティーソフトのパーソナルファイアウォールは
ユーザー毎に使用ソフトが異なる為説明する事は出来ません。

下記リンクを参考に設定をして下さい。

  1. ウイルスバスター2004
  2. Norton Internet Security 2004

(3)ルータ

まず、プライベートIP固定化します。

手順

(1):
スタートメニュープログラムアクセサリコマンドプロンプト選択。
もしくは
 スタートメニュー→ファイル名を指定して実行cmdと入力してOK選択

コマンドプロンプトの画面が展開される筈です。

(2):
ipconfigと入力しEnterキーを押して下さい
IP Address or IPv4 アドレス と表示される横の数字が今現在の貴方のプライベートIPと成っております。

プライベートIPをメモしたらコマンドプロンプトは閉じて結構です。

(3):
スタートメニューコントロールパネルネットワーク接続を選択します。

スパム対策に引っ掛かったので今はここまで