※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トールギスⅢ

正式名称:OZ-00MS2B  通称:トールギスⅢ
コスト:590  耐久力:720  盾:○  変形:×

名称 弾数 威力 備考
射撃 メガキャノン 3 140 4秒で1発回復するので弾切れはあまり気にならない
CS メガキャノン照射 255 レバー操作で左右に多少曲げられる
サブ射撃 バルカン砲 60 50 1セット10発消費で50ダメ。牽制やとどめに
特殊格闘 ヒートロッド 160 判定良好でやや距離があっても狙える
N格闘 ビームサーベル 230 4HITで230ダメージ
BD格闘 居合い抜き 130 そのままBRCで170ダメ


機体性能
長いブーストゲージと高い機動性にあわせて、
使いやすいメイン射撃と、威力の高いCSと撃ち分けられるメガキャノンに、
威力は劣るが硬直無しで打てるバルカン砲、
判定が広く、中距離からでも狙えるヒートロッド、
発生・威力ともに申し分のない各種格闘を持っている高性能万能型機体。


機体解説
OVA『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場。プリベンター・ウィンドことゼクス・マーキスが搭乗した。(「III」はローマ数字の3である)

武装をウイングガンダムゼロのツインバスターライフルに匹敵する威力を持つメガキャノンに換装し、シールドにガンダムエピオンと同型のヒートロッドのほか、ビームサーベルも装備している。

推力はかなり強化されているようで、劇中では地球上から単独で大気圏を突破し、資源衛星MOIIIに到達した(小説版ではシャトルが打ち上げられたとの描写がある)。

本機は「オペレーション・メテオ」に端を発する大戦の末期、トールギスIIと同時期にロールアウトしていたが、専用武装(恐らくメガキャノン)の最終調整に手間取ったため実戦には投入されなかった。その後、バートンの乱が発生し、戦力が必要になった事からプリベンターが保管していた本機がゼクスに渡された。