月経痛レシピ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食事



  • 塩、砂糖、加工食品をさける。(白砂糖、白小麦、しろパンを含む)

  • カリウムを含む食品をたくさん摂る;バナナ、ドライフルーツ、メロン、オレンジ、にんじん、緑の葉っぱ系野菜、じゃがいも)

  • 濃い緑の野菜とオレンジをビタミンAを摂るために食べる(緊張を和らげる)

  • オートミール、ブロッコリ、パセリ(煎じて飲むもよし)、バジルナッツ、アーモンド、海草などをカルシウム(痙攣をとりのぞく)を摂る為に食べること、海草はタブレットでとってもよし

  • 暖かい風呂、下腹部に暖かいお湯のはいったボトルを置く、激しい、あるいは軽い運動、オーガズムなどはみな緊張と痙攣と痛みを和らげる助けになる

ハーブ


  • 生姜を煎じて飲む(生姜を卸したら沸騰したお湯で30-60分煮る。粉末の場合は小さじ1をカップにいれ蜂蜜とレモンを加える。これを1日三回。蜂蜜レモンと生姜だったらインスタントもありそうだね)、あるいは根を噛む(おろして蜂蜜とまぜて水と飲んでもよし)
  • Red raspberry leaf(きいちごの葉/学名:rubus idaeus)のお茶は効くけど定期的に飲まないといけない(1月以上がせめて。6ヶ月くらいのみつづけるとたいてい痛みはなくなるという。)。穏やかなので長い間使っても大丈夫。

  • セイヨウノコギリソウ(yarrow/学名:Achillea millefolium )をカプセルで、抽出液あるいは煎じて飲む。月経がくる1週間前にはじめて生理の間飲み続ける
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。