※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一章



照り付ける陽射しの中、私は漸く浜辺へと這い上がった。

全裸で。

一週間飲まず食わずで太平洋を泳ぎ続け、パナマ運河を越え、今漸くブラジルの
地に足を踏み入れた。
疲れで少し霞む視界の中、流木に腰掛け、予め濡れぬ樣ジップロックに入れてお
いた煙草を取り出し、一週間ぶりに火を点けた。
「ワシも老いたか・・・」そんな定型句の様な台詞を吐きながら煙草をふかす。
久々の煙草の美味さに酔いしれながら青く澄んだ大西洋を見つめる。
雲一つ無い。
取り敢えず服だけは着た。

1本目を吸い終わらぬ内に、煙草の青い煙の向こうから人影が近付いて来た。
すかさず私は怖がられぬ樣、笑みを浮かべながらサンパウロまでの道のりを尋ね
ようとした。
しかしその人は引き攣った顔で後退りしながらやがて走り去った。

怖かったらしい。

仕方なく私は陸に向かって歩き始めた。



丘を越えると駅があり、駅員にどの線路がサンパウロに通じているのか尋ねた。
駅員はその満面に恐怖を湛え、一本の線路を指差し、「特急ならば8時間です」
と答えた。
当然金など無い。
私はやおらその場に伏せると、畆伏前進を始めた。

視界の隅を目にも留まらぬ速さで飛び去る景色。
マッハに近い速度で私は這って行く。
上官に鍛えられた四肢がまた役に立つとは・・・。

小一時間もするとサンパウロを危うく通過しそうになった。



一際目立つキリスト像。

私は120年ぶりにサンパウロの土を踏んだ。



ブラジル移民としてこの地に渡り、近郊の畑でコーヒー豆を育て、カフェイン中
毒で危うく死にそうになったのがまるで昨日の樣だ。
今も変わらぬ街の匂いに胸を震わせ、私は街に繰り出した。

日もそろそろ傾き、辺りは朱く染まり始めた。

ネオン煌めく街の中に私は一軒の酒場を見つけた。

迷わず中に入り、店の主人に交渉した。

「この中の全員とショットガンで勝ったら飲み代をまけろ」

主人は医者を呼ぼうとしたが制止した。
私は気が触れた訳では無い。
主人は負けたら全員に奢るという条件付きで快諾した。



次々と運ばれるテキーラ。それを片っ端から飲み干し、ついに私は晴れて飲み放
題の身となった。

しかし一つ問題があった。


もう飲めない。



気持ち程度のビールを一杯飲み干し、それを最後に私は店を出た。

酩酊状態で私は広場のベンチに横たわり、そこで一夜を過ごす事に決めた

第二章

眩しい陽射しを浴びて私は目を覚ました。

激しい頭痛がする。

所謂二日酔いだ。

既に太陽は南中し、子供達が辺りを駆け回る。

クセの強い髪を無造作にかき上げ、私は辺りを見回した。

一先ずこの酷い喉の渇きを何とかせねば、という思いに駆られて水を求めて辺りをさまよい始めた。

噴水が目に入ったので勢いよく飲み干した。

崩れ落ちるコンクリート、飛び散る水、子供達の悲鳴。

全て遠い世界の様だ。

よく考えると水を飲むのは一週間ぶりだ。

一心地着くとZippoを取り出して火を飛ばし、煙草の先に燈す。

寝起きの一服は格別だ。

心なしか私の周りに鳩が集まってきているのには敢えて触れずにおこう。

取り敢えず奴にブラジルに着いた事を報告せねばならない。

私はくわえ煙草のまま公衆電話を探した。

電話は公園の中央で容易に見つけることが出来た。

小銭を放り込み国際電話を掛ける。

暫くの電子音の後、受話器を取り上げる音がした。

私「もしもし、ワシや。」
奴「その濡れた少女の花弁に激しく振動するコケシを・・・。」

電話口からは奴の淫猥な語りと共に、機械の激しい振動音と少女の悶える声が洩れ聞こえて来た。

私「・・・。」

奴「おうおっさん、着いたか?」

私「あぁ、もうすぐあいつとも会う事になっている。」

奴「そうか、引き続き頼んだ。」

私はそのまま受話器を置いた。

会話の終わり間際に何故か機械の振動音が水っぽくなっていた。

私はまた煙草に火を点け、歩き出した。

街は祭の真っ最中らしく、人々の歓声や怒号、サンバが響き渡っていた。

思わず踊り出しそうになるのを必死で堪えながら溢れ返る黒山の中を割って進んだ。



小一時間程歩き、私は一軒の家に差し掛かった。

中に入ると一人の老人が佇んでいた。

私「久し振りやな、ロナウド。」

ロナウド「おぉ、お前さんとは去年の山科観光以来じゃ。」

ロナウドは移民時代以来の友人だ。

去年は我が故郷山科に招いた。



ひとしきり昔話に花を咲かせた後、話は本題へと次第に移って行った。

ロナウド「至極のコーヒーが飲みたいらしいな。」

私「あぁ、どうすればええんや?」

ロナウド「さあな、世界中に散ってしまった。
あいつらに狙われていたからな。」

私「あいつらとは?」

ロナウド「至極のコーヒーの持つ長寿の力に魅せられた者達だ。
お前も至極のコーヒーを求める者ならばいずれはぶつかるだろう。
探せぃ!!
この世の全てをそこに置いて来た。」

私「・・・。」

ロナウド「まぁ今夜はゆっくりして行け。」

そう言って移民時代から被っている私の土産の日本の編笠を被った。
私「何処行くねん?」

ロナウド「買い出しさ。」
ロナウドはサンバが響く夜の街に紛れて行った。

第三章

差し込む朝日の眩しさに目を覚まさせると私は一人で大の字になっていた。

半壊した小屋が夕べの宴を物語っている。

机の上に見知らぬ紙が置いてあるので手に取ると書き置きのようだ。

「この様を家主に見られると殺されそうなので夜逃げする。さようなら。

ロナウド」

とあった。

けしからん奴だ。



私が通りに出ると数人の男が道に倒れ伏していた。

昨夜の宴に巻き込まれたらしい。

お気の毒に。



一先ず私は昔耕していたコーヒー畑に行き、至極のコーヒーの材料にする為のブラジリアンコーヒー豆を採りに行った。

さすが私の育てたコーヒー豆だけあって、放置して百余年が経つにも関わらず、自生し、そこら一帯を呑み込まんばかりに広がっていた。

適当な豆を毟り採り、私はまた歩き始めた。



郊外まで歩いて行き、そこからは畆伏に切り替えアンデス山脈を目指した。

頬を撫でる風が心地良かったが徐々に私に歯向かい始めた。

空気摩擦で眉毛が焦げた。
このままではアンデス山脈に着く前に丸焼けになるのでスピードを緩めた。

30分程でアンデス山脈の麓に辿り着いた。

しかし私は重大なミスを犯してしまった事に気が付いた。



減速していない。



時既に遅く、私は斜面を勢いよく駆け登り、そのままアンデス山脈を発射台にしてロケットの様に飛び出してしまった。

インディオ達はよくある事と言わんばかりに黙って放物線を描く私を見送った。


数十秒のフライトの後、私は海面に強く叩き付けられたのであった。


第四章


長い漂流の末、流れ付いたのは小さな島だった。

奇妙な事にこの島には丈の低い草等は生えているが木が一本も生えていない。

一つの島の名が頭を過ぎる・・・。

確信は無いが海岸を西へ歩いて行くと石像が大量に並んでいた。

皆一様に彫りが深く、只々眼前に広がる南太平洋を虚ろな目で見つめている。

いや、正確には部族同士の抗争により珊瑚で出来た目は破壊されてしまっているが、そのせいでその顔は目に陰りが出来、滅びた文明の哀愁を湛えている。

そう、ここはイースター島である。



北西の海に向かい、日本へ帰ろうとした時、背後に気配を感じた。

気にせず海に浸かろうとした時、ケツに違和感が生じた。

慌てて振り返ると、そこにはMKが二人立っていた。

「くそっ、ロナウドが言ってたんはこいつ等かっ!」

そう言うや否や、私は畆伏で逃げた。

負けじとMK達も追って来るが、量産型に負ける私では無い。

しかし今は分が悪い。

長い旅と漂流により、疲れ果てた身ではとても戦えそうに無い。

幸い近くにモアイ像があったので、ダメもとで隣で成り済ましてみた。

戸惑う量産型MK。

暫く戸惑った後、MKは一体のモアイ像を攻撃し始めた。



間違えたらしい。



長い攻撃の末、MKは諦めて自爆した。

「おっ!?」

「おぉっ!?」

私もろとも吹き飛ばさんとしたのだろうが、その程度で果てる私では無い。

「こんなモン、米軍の爆撃に比べたら屁ぇみたいなモンや。」

そう言って私は煙草をくわえた。



帰ろう、日本へ。

皆が待っている。


第五章 帰国

5日間の遊泳の後、私は大阪湾に侵入する事に成功した。

深夜なのをいい事に、私はそのまま淀川を上り、怪しまれる事無く加茂川へ帰り着いた。

もう夜は明けようとしている。



私はあの男に帰国の一報を入れる為、公衆電話の受話器を取り上げた。

小銭が無かったので電話機の下部を破壊し小銭を調達した。

「もしもし?」

数回のコールの後、受話器の向こうから眠た気な声が聞こえて来た。

無理も無い、時刻はまだ4時前だ。

「ワシや、今帰国した。」

そう告げるとヤツは嬉々とした声で、

「そうなんけ!?
すぐに皆を集めるから京都駅地下のスタバで待機してくれ!」

「解った。」

そう言って受話器を置き、駅へと歩を進めた。



スタバには二人が先に集まっていた。

スタバ集合は非常に不本意だが、ある男の意向を汲んでの事なので仕方が無い。

煙草で煙る視界の向こうに幼女をはべらした男が座っている。

トモハル「伝説のコーヒーの情報を掴んだらしいな。」

トモハルは男根を模したシリコンを幼女にあてがいながら言った。

フレディ「あぁ、やはり現存するらしい。
でもちょっと厄介な事になりそうだ。」

トモハル「何があるんや?」

私は一息にアメリカンを飲み干して、MKやがな、とだけ言った。



「WTF!!」

そう叫んだのは重度のカフェイン中毒のコーシだ。

エスプレッソコーヒーばかりを飲んだせいでカフェインが手放せなくなり、今日もコーヒーを点滴しながらエスプレッソを啜っている。

コーシ「伝説のコーヒーが無かったら、俺のカフェイン中毒は治らないんだぜ!?
そんなのF〇ckじゃねぇか!」

コーシは憤りを露にしながらエスプレッソのおかわりを注文した。

フレディ「ワシも予想外や。
でも諦められんやろ、お前を治す為にも、トモハルの野望を果たす為にもな。」

そう言って私は煙草に火を点け、席にもたれた。

「そう言えば他の奴等は?」

気取った台詞に気恥ずかしさを覚え、それを紛らわす為にワシが尋ねても二人は首を横に振るだけだった。

「アイツ等、さっきまで連絡着いてんけどなぁ・・・。」

トモハルは己の男根を振り回しながら言った。

困った時に自らの肉棒を振り回す癖は昔からだ。

「一番スタバに来たがっとったのに何やねん・・・。」

妙な胸騒ぎがする。

何かが起こっている気がしてならない。



長い静寂を破って、ガミちゃん推進委員会の会員がスタバに飛び込んで来た。

「大変です!!
他の皆さんが量産型に襲撃を受けています!!」

一同は驚愕の表情を浮かべた。

戦いはもう始まっているのだ。