※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{男は嫁を愛した、足りない何かを補うように、また己の留まることを知らない欲望をぶつけるように。
だが彼女は小さく幼く、男の劣情を受け止める切るのは難しかった。
男は限りない劣情の果に何を思い、何を手にするのか・・}

1

とある日曜、俺はベッドの上で目を覚ます。

霞む視界で周りを見渡すと昨晩の性の饗宴の跡が見える。

大きな注射器、縄・・・いったいどんなプレイを昨夜行ったのか、まだ頭がハッキリせず思い出せない。

左腕にすこし重みを感じる。嫁が腕の上で寝息をたてているようだ。

嫁は毎日のようにある撮影と昨晩の逢瀬により疲れているいるのだろうと推測する。

こんな小さな体で俺以上のハードスケジュールをよくやる。俺はふと愛おしく思い、嫁を抱き上げた。

嫁が目を覚ます前に唇を重ねた。嫁は驚いたように目を開き、頬を朱に染めた。

口を重ねたまま嫁をソファに寝かせ、俺はその上に覆いかぶさるようにした。

口の中がドロドロと互いの唾液が混ざり不思議な一体感があった。

一度接吻をやめて嫁の体に舌を這わす。頬から首へと舌を下に向かわせる。

舌が陰部までいくと嫁は軽く鳴き、俺は酸っぱく甘くもある淫靡な匂いを嗅いだ。

そこは唾液と他の液体も混ざり、デルタ地帯から雫が滴っていてた。

だんだん頭がハッキリしてきた俺は嫁の陰核を甘噛みした。そこは幼い割に大いに腫れ上がっていた。

嫁は悶絶し恍惚とした表情になる。幼さと同時に女らしさの混じった表情であった。


2

理性に歯止めがかからなくなった俺は己の硬く膨張した肉棒を解放しようかと思った。

しかし幼い嫁に早々に挿入してしまえば傷つけてしまう恐れがある。

そこで俺の指を軽く嫁の局部に軽く入れ反応を見ることにした。

俺の人差し指に生暖かい湿った感触が伝わる。

一度指を引きぬくと愛液が糸を引く。それを俺は水飴のように指に巻き付け耽美な感情に浸る。

指一本では難なく入ったので調子に乗り、中指を追加し二本挿入を試みる。

二本では少しきつかったのか第二関節を超え付け根まで入れようとすると、嫁は苦悶の表情を浮かべた。

その様子に俺は嗜虐心を刺激され、二本の指を広げ嫁の膣口の中を眺める。

淡い桃色の肉ひだが艶めかしく、俺を誘っているようにも思えた。

嫁は火照った顔で見ないでと視線で訴えかけてくるので俺は指を引きぬいた。

引き抜いた後の嫁の陰部は愛液がベッドまで垂れ外陰唇がピクピクとひくついていた。

嫁も物欲しそうな目をして恥ずかしそうに顔をうつむけている。

また己の一物も雄々しくそびえ獲物を待ち構えている。

求め、求められる対象が互いに一致するとき行う事は一つである。

故に俺は嫁の上に覆いかぶさるようにし、嫁を軽く抱きしめ耳元で

挿れるよ

と囁き、潤んだ目で嫁が頷くのを見た

3

俺は覚悟を決め己のそそり立つ肉樹と共に嫁に覆いかぶさる。
その前に嫁の腰の下に枕を置いた。

体格の小さい嫁の腰に負担をかけないためだ。踊りも仕事とする嫁が体を痛めるのは一大事である。

これくらいの気遣いができる男でないと嫁を愛する甲斐性もないというものだ。

そして陰茎を嫁の外性器に擦りつけ愛液を纏わり付けさせた。

彼女の愛液の溢れ出す膣口に肉棒を当て中に押し込んだ。

入り口は柔らかく、俺の亀頭をヌルリと飲み込んだ。

俺の肉棒に熱く包まれる感触が伝わる。

肉棒が半分ほど入ったあたりから中が狭く、きつく絞めつけられる。

それ以上挿れようとすると少し痛いようだ

痛がる顔も本当に可愛いよと俺は囁き、
挿入したまま嫁を抱きしめ、接吻を始める。

互いを求め合うように舌を絡ませ熱い口づけを続ける。

俺と嫁は一つの存在となり、幸福感に包まれ、この時間を永遠に嫁と共有したく願った。

しかし俺の中の劣情の風船ははち切れんばかりに膨らみ、そうもばかりしていられない。

俺の肉樹は嫁の中で脈打ち、嫁の中のヒク付きを感じていた。

俺は腰を前後に動かしピストン運動を始める。

嫁の中は締め付けがひどく、すぐにも発射してしまいそうでおれは下腹部に力を込める。

どれだけ腰を振り、彼女を愛し続けたか分からない。それは永遠のようであり、ひと時の夢のようにも思えた。

嫁は悦びの喘ぎ声をあげ、ベッドに爪をたてている。

俺は前後運動を繰り返しつつ嫁の陰核を弄り始める。

とたんに嫁の中の締め付けが上がり、肉棒は食いちぎられそうだ。

そのきつい中を俺は突き続けていると、嫁の喘ぎ声が激しく、さらに色っぽくなった。

そっきまで俺の体に巻き付けるようにあった嫁の足が離れた。

そして細く形の良い足はピンと伸び、つま先まで伸びている。

俺は察した。嫁は達してしまったのだ、俺を差し置いて。

俺は嫁に言う
イクときは言えと言ったろ、俺より早くイッたお仕置きだ
と

俺はピストン運動の速度を上げ、射精を急ぐ

嫁は達した後だがまだ快楽に浸っているように見える。

男の快楽を感じる絶頂は3秒だが女性はもっと長いということを耳にしたことがある。

達しそうになった俺は、嫁の中を一際強く突いた。

奥まで挿入し、亀頭の先に何かを感じた。おそらく嫁の子宮口だろう。

そこに当たると同時に俺の分身の先端から白濁液が吐き出された。

俺は中で射精しながら嫁の上に倒れこんだ。

すると挿入している嫁の女陰から温かいものを感じる。

潮でもふいたかと疑ったが、どうやら嫁は失禁してしまったようだ。

強く突き過ぎたショックのせいだろうか・・・