※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パッティングメモ/魔王丸さん


パッティングメモ

  • パワーゲージ1目盛り=0.6m
  • 高低差の調整は0.1m=ゲージ1目盛り分が目安。
  • 曲がりがきつい場合はほんの少し曲げを弱くしつつほんの少し強めに打つ。(下りの時は強めでなくてもいい?)
  • パワーMaxに近づくにつれて目安と合わなくなるが検証中。(例:75%が7.5mなのか7.2mなのかまだはっきりしない)
  • 上り/下りに関係なく、予測ラインの終端がカップと自分を結んだ直線(延長)上に乗るように合わせる(下りは検証不足)。

<<追加>>
  • 雨のときはパワーゲージ+1.5
  • 朝は+1
<廃止>-速いグリーン(壮快美健館など)では上りでもパワーを抑えることを基本に考える(現在情報収集中)</廃止>

<<重要ヒント>>
予測ラインは「カップまでの距離そのままの強さで打った場合の『軌道と移動距離』を示す」
※上りのパットなのに予測ラインがカップの向こうまで伸びていたら要注意
※追加事項については、距離による微調整がさらに必要かは未検証。

夜朝用パット微調整メモ(作成中)

グリーンにおいて、ドライコンディションよりも低速になる夜朝に対しての調整
5.0m以下…+0.5ゲージ(約0.3m強く)
7.5m以下…+0.8ゲージ(約0.5m強く)
10.0m以下…+1.2ゲージ(約0.8m強く)
12.5m以下…20mモードで+0.8ゲージ(約1m強く)
15.0m以下…20mモードで+1ゲージ(約1.2m強く)


大会仕様グリーン速度


ダンロップ フェニックスT・コラボ大会


<<10mモードのとき>>
強さ(目盛) = 残り距離(m) × 0.75 ÷ 0.6  ± 高低差(m) × 9

<<20mモードのとき>>
強さ(目盛) = 残り距離(m) × 0.75 ÷ 1.25 ± 高低差(m) × 9 ÷ 2

※簡単に言えば、通常の3/4の強さに高低差の補正が入ることになります。

◇伊藤園レディスゴルフT・コラボ大会 パットパワー算出式◇


<<10mモードのとき>>
強さ(目盛) = 残り距離(m) × 0.87 ÷ 0.6  ± 高低差(m) × 9

<<20mモードのとき>>
強さ(目盛) = 残り距離(m) × 0.87 ÷ 1.25 ± 高低差(m) × 9 ÷ 2

※高低差の×9は、高低差が0.30m以下なら×10(0.1m=1ゲージ)でも特に問題なし。
 20mモード以降はMAXの表示を16等分した距離で考えます。

例:残り6.6m、下り0.21m(-0.21m)の時
  6.6 × 0.87 ÷ 0.6 = 9.57(目盛)
  0.21 × 9 = 1.89(目盛)
  よって9.57 - 1.89 ≒ 7.7(目盛。通常だと6.6m下り0.37mに相当)

◇ナイトメア・ハロウィン大会 パットパワー算出式◇


<<10mモードのとき>>
強さ(目盛) = 残り距離(m) × 0.82 ÷ 0.6  ± 高低差(m) × 9

<<20mモードのとき>>
強さ(目盛) = 残り距離(m) × 0.82 ÷ 1.25 ± 高低差(m) × 9 ÷ 2

※高低差の×9は、高低差が0.30m以下なら×10(0.1m=1ゲージ)でも特に問題なし。
 20mモード以降はMAXの表示を16等分した距離で考えます。

例:残り4.8m、高低差0.33mの下りパット(-0.33m)の場合…
  4.8 × 0.82 ÷ 0.6 = 6.56(目盛)
  0.33 × 9 = 2.97(目盛)
  よって6.56 - 2.97 ≒ 3.6(目盛。通常だと高低差なし2.1mに相当)