※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旧石器時代マコトゲリオン ストーリー


1995年から発売したWindowsと呼ばれるOSのPCを舞台とする。

そのOSから開発を果たした2006年のギャルゲーは、あらたな脅威に見舞われていた。

日本の町であるAKIBA(アキバ)は、二次元美少女と呼ばれる

架空の美少女を放出するために、汎用デスクトップ型人造PCを

公開的に開発していた。そのユーザーには、まだ15歳の多感な少年・

少女が選ばれ、二次元の命運を託されたのであった。

主人公である15歳の少年「スギタ・マコート」は、

「クラナド」と「ネットゲーム」から、他人と接触を好まない

わけでもない普通な少年であるが、一般人である父親によって、

PCのユーザーとして選任される。

スギタ・マコートをはじめとする PCのユーザーたちは、

世界の命運を託され、精神をかけて戦うという閉鎖的な興奮状態に置

かれることとなり、追い込まれ萌えつき病んでいく。

ヲタク化の原因、襲来する萌えの正体、そして秘密裏に進められる

「ネットゲーム開発」の真相、といった多くの謎がちりばめられ、

主人公スギタ・マコートの成長と挫折を追いながら、物語は進んでい

く。