GIS関連書籍 > 行政(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GISと市町村合併―地理情報システムを統合できますか?

 Amazonで詳細

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、主に市町村の職員を対象に、市町村合併によって発生することが予想されるGISや地図に関する諸課題に対し、重要となる概念と解決策をGISという観点から解説している。個別業務の運用に関する課題とその解決策として、都市計画、道路、水道・下水道、固定資産税を取り上げ、より日常業務の視点に立った記述を心がけ、行政実務の参考書としてもお使いいただける内容となっている。


実学 自治体のための統合型GIS

 Amazonで詳細

内容(「BOOK」データベースより)
本書は統合型GISデータ整備を行う場合に、コストと品質を追求することによって従来型の個別GIS整備費より、安くかつ高品質のデータを整備するための方法を述べたものである。

内容(「MARC」データベースより)
統合型GISのデータ整備を行う場合に、コストと品質を追求することによって従来型の個別GISの整備費より、安くかつ高品質のデータを整備する方法を述べ、GISの整備における問題課題の解決策を提案する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
渡辺 孝三
1969年東京電機大学工学部2部電気通信工学科卒業。岐阜県GIS導入検討委員会委員、同技術委員会委員。自治省統合型空間データ仕様作成作業委員会委員。国土空間データ基盤推進協議会事務局次長を経て、現在、株式会社NTTデータビジネス開発事業本部統合型GIS推進室長。財団法人岐阜県建設研究センターアドバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。