GIS関連書籍 > 営業さんむけ?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GISマーケティング入門―コンピュータマッピングのビジネス実戦ノウハウ

 Amazonで詳細

内容(「BOOK」データベースより)
どうすればビジネスでGISを“うまく”使えるか。商圏分析、エリアセールス支援、顧客管理・サービス、広告・宣伝計画などへの具体的活用事例で解説。

内容(「MARC」データベースより)
コンピュータの地図情報を商圏分析、エリアセールス支援、顧客管理・サービス、広告、宣伝計画などにうまく活用するか否かで競争を勝ち抜けるかどうかが決まる。実戦的なノウハウを活用事例で解説する。〈ソフトカバー〉


GISマーケティングのすべて―Geographic information system

 Amazonで詳細

出版社/著者からの内容紹介
企業経営におけるGIS(地理情報システム)の活用法を、大手・中小企業10社以上の詳細な事例記事で紹介します。エリアマーケティングに欠かせない“戦略マップ”の作り方から、実務に直結する資料まで豊富な図表を交えてわかりやすく解説。一般企業の販促部門や企画部門の担当者、およびGISでビジネスをするITベンダー営業担当者必読のGIS解説本の決定版です。

内容(「MARC」データベースより)
企業経営におけるGIS(地理情報システム)の潜在的な可能性を10社以上の詳細な事例記事で紹介。実践ノウハウを盛り込んだGIS読本の決定版。各種アプリケーション・ソフト、地図データ、統計データなどもリストアップ。


3日で分かるビジネスGIS特訓ドリル

 Amazonで詳細

内容(「MARC」データベースより)
立地判定から商圏調査、セールス支援、売上予測、販促戦略、店舗再評価まで、さまざまな局面で活用できるビジネスGIS(地理情報システム)を、3日でわかるように説明。演習ドリル形式なので、予備知識がない人でも大丈夫。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
平下 治
1978年GISに出会い、翌1979年ビジネスGIS専門コンサルティング会社(株)JPSを設立。以来ビジネス分野でのGIS開発、データ整備・製作、運用コンサルタントとして数多くの実績を持つ。GISマーケティング関連著書、専門誌への投稿も多数。GIS関連委員、各種団体常任講師、GIS学会理事を歴任。ビジネスGISの草分け的存在(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。