GIS関連書籍 > 河川・砂防・海岸関係


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

流砂系における流域土砂管理―GIS・リモートセンシングとシミュレーション技術の活用

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、大学卒業3~5年程度の河川・砂防・海岸関係の技術者を対象に、土砂の流れに関する河床変動のコンピュータシミュレーション技術、森林等の流域状況を把握するためのリモートセンシング技術、地図を用いたデータベースとしての地理情報システム(GIS)の概要とその利用方法について紹介するものである。

内容(「MARC」データベースより)
土砂の流れに関する河床変動のコンピュータシミュレーション技術、森林等の流域状況を把握するためのリモートセンシング技術、地図を用いたデータベースとしての地理情報システム(GIS)の概要とその利用方法を紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
松村 和樹
技術士(建設部門)。1976年京都府立大学大学院農学研究科修士課程修了。1976年(財)砂防・地すべり技術センター。現在、(財)砂防・地すべり技術センター、砂防技術研究所次長

石橋 晃睦
技術士(応用理学部門)。1977年東京教育大学理学部卒。1977年日本工営株式会社。現在、日本工営株式会社首都圏事業部情報システム部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。