GIS関連書籍 > 応用・実務編(6)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GIS原典―地理情報システムの原理と応用〈1〉

amazon plugin Error : amazonから商品名データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、text=(文字列)パラメーターを利用することで、商品名データを取得せず表示することができます。
 Amazonで詳細

内容(「MARC」データベースより)
様々な分野で活用されている地理情報システム・GIS。GISの定義や社会的意義などについて概観した後、GISの諸原理に関する過去と最近の重要な研究を紹介。幅広いユーザーに対応できる包括的な解説書。


都市をとらえる―地理情報システム(GIS)の現在と未来

 Amazonで詳細

# 内容(「BOOK」データベースより)
GISこと地理情報システムは、都市、特にその空間に絡む現象をとらえようとする場合の技術革新の一つである。本書は、21世紀間近という時点においての、都市や地域を分析する際に重要なツールとなりそうなGISにまつわる利用実態や分析理論、興味深い応用例、そして将来に向けての何らかの展望を示そうというものである。

内容(「MARC」データベースより)
都市や地域を分析する際に、重要なツールとなりうるGISにまつわる利用実態や分析理論、興味深い応用例、将来に向けての展望を示す。96年刊東京都立大学都市研究所刊の復刻版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
玉川 英則
東京都立大学都市研究所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


教育GISの理論と実践

 Amazonで詳細

内容(「BOOK」データベースより)
1990年代以降、GIS(地理情報システム)は爆発的な広がりをみせ、今ではすっかり社会に根づき、携帯電話による地図利用やカーナビの普及をはじめ日常生活にも浸透してきた。教育においてもGISは欠かせない存在になりつつある。大学はいうに及ばず、高等学校、中学校、そして小学校でも、空間的思考を涵養するGISに、さまざまな場面において熱い視線が注がれている。そこで本書は、GISを高い教育効果をもたらすツールとして位置づけ、その具体的な実践方法を検討することを目的としている。

内容(「MARC」データベースより)
携帯電話による地図利用やカーナビの普及をはじめ日常生活にも浸透してきたGIS(地理情報システム)。高い教育効果をもたらすツールとしてGISを位置づけ、その具体的な実践方法を検討する共同研究の成果をまとめる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
村山 祐司
1953年茨城県生まれ。現職、筑波大学生命環境科学研究科・教授。専門、空間情報科学、人文地理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。