アルメンドラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最古のしろがねの1人。
本来白銀の意識に乗っ取られ、自動人形を破壊するだけの存在と化すはずだったが、運よく意識から逃れることが出来、しろがねとしての役目を放棄して真夜中のサーカスにて全ての傍観者となることを選ぶ。
だが、最終決戦では傍観者をやめ、ディアマンティーナの爆弾から才賀勝を庇って死ぬ。

  • 美食王の到来』や『月光条例』に酷似したキャラクターが登場する。
  • モデルはレイ・ブラッドベリ『何かが道をやってくる』に登場する魔女と思われる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。