一寸法師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おとぎ話「一寸法師」の主人公。
鉢かづき姫の鉢の中に隠れて読み手の世界に向かう。
非常に嫌味な性格をしており、小さい身体にコンプレックスを抱いている。
姫を愛していたが、気持ちがすれ違い、そこを鬼の金棒に利用されてしまう。

大の甘党でもあり、ヘンゼルとグレーテルの回ではお菓子の家を食べ進んだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。