フランシーヌ人形


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白金によって創造された自動人形フランシーヌの髪の毛を持ち、唯一生命の水を体液としている。そのため、もっとも高貴な人形と見なされているが感情を持たず、絶望した白金に首を絞められて捨てられる。その後は造物主たる金を探すべく最古の四人を率いて真夜中のサーカスを結成。世界中を回りゾナハ病を散布するがそれでも笑うことは出来なかった。
疲れ果てたフランシーヌ人形は偽フランシーヌ人形を作り、自身は真夜中のサーカスから才賀正二の元へ旅立つ。黒賀村にて才賀アンジェリーナエレオノール出産に立ち会う中で人間的感情を抱くようになり、ディーン・メーストルの策略によって放たれた自動人形の軍勢からエレオノールを守り、井戸に転落する。エレオノールの体内にあった柔らかい石によって井戸水が生命の水へと変化、身体を溶かしていく中、必死にエレオノールをあやし、最後に微笑んで生命の水に溶けていった。

  • 黒賀村を襲った自動人形がフランシーヌ人形への忠誠を示さないのはディーンによって創造されたからである。
  • フランシーヌ人形は正二によって運動機能を人間以下にしてもらったが、それでも自動人形の群れからは逃げ通すことが出来た。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。