フランシーヌ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プラハに住んでいた女性。元はフランスのクローグ村におり、奴隷として買われてきたが何とか逃げ延び、小さな家に孤児達を養っている。美しい銀色の髪を売って生計を立てている。
「天使」と称される慈悲深い性格であるが、弱った子供に卵を食べさせようと盗み、捕らえられて泥棒の烙印を押された。恵まれない境遇にあるが、明るい性格であり、彼女の笑顔と子守唄は後の展開に大きな影響を与える。
白銀と恋に落ち、教会で彼の告白を了承するが、白金にそれを盗み聞きされていたことから彼女の悲劇は始まる。
愛憎の念に狂った金はフランシーヌを拉致し、安住の地を求めて放浪する。フランシーヌはプラハに戻ろうと必死に説得するも、金は聞き入れず、暴行を加え続ける。結果としてフランシーヌは二人の兄弟の愛情に苦しみ、明るい性格と笑顔を失う。
辿り着いた故郷・クローグ村で銀と再会するも、不治の病に罹って幽閉される。これを知った金と銀は死に物狂いで柔らかい石を練成するが、石を持った銀の目の前で火を放ち自殺した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。