からくりサーカス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

からくりサーカス

連載期間 1997年~2006年
連載誌 週刊少年サンデー
巻数 43巻
主人公 才賀勝・エレオノール・加藤鳴海

あらすじ

今から二百年も前、二人の兄弟がフランシーヌという名の女を巡って繰り広げた愛憎劇からこの物語の幕は開く。
巨大企業・才賀グループの莫大な相続金を受け継いだ小学生・才賀勝を狙い、数多もの殺し屋が襲い掛かる。勝の危機を救うためやってきたのは巨大な人形を操る少女と中国拳法の達人である青年だった……。この出逢いが、人形破壊者・しろがねと人に害なす自動人形の何百年にも渡る戦いに終止符を打つことになろうとは、誰も知る由なかった。

特徴

『うしおととら』よりも長く、壮大なスケールで描かれた漫画である。ストーリーはエレオノールを主役とする「サーカス編」・加藤鳴海を主役とする「からくり編」・才賀勝を主役とする「からくりサーカス編」・ラスボスとの戦いを描いた「機械仕掛けの神編」の4つに分かれており、藤田作品の中でも最も複雑かつ難解であり、一巻から読まないと話が把握できないと言われる。
『うしおととら』と比べると若干高年齢層向けであり、性的行為を示唆する描写や激しい残虐描写が多く盛り込まれている。
ゾナハ病棟訪問シーン・サハラ砂漠での真夜中のサーカスとの決戦・各キャラクターの退場シーン(死亡シーン)は高く評価されているが、「からくりサーカス編(黒賀村編)」の評価は大きく分かれている。

からくりサーカスの登場人物・設定

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。