※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは、初めてGECKを使う人向けに自分の家をつくる方法を説明します。
1.マスターファイルを読み込もう
GECKを立ち上げて、まず始めにやるのはマスターファイルを読み込む事です。フォルダのアイコンをクリックしてDataウィンドウを出し、fallout.esmを読み込んでください。
マスターファイル とは、Fallout3の内部データ(NPC、アイテム、MAP、クエストなど全てのゲームデータ)が入っているファイルです。
GECKでは、このファイルに変更を加えていって、差分データを プラグイン(拡張子esp) として保存するため、 マスターファイルが壊れてゲームができなくなるということはない ので、心配無用です。
2回目からの編集では保存したプラグインファイルを選択し、 Set as Active File ボタンを押して編集状態にしなければいけません。
それと、2回目からはマスターファイルは選択する必要が無いです。(プラグインにマスターファイルも同時に読み込むと設定されているため)
2.家のCellを作ろう
Cell とは、簡単に言うととても大きい部屋のようなものです。モイラの雑貨店、テンペニータワーのロビーなど、屋内(Interior)の場所は独立したCellにその場所のデータが入っています。
自分の家の内部のCellを作るために上のメニューからWorld>Cellと進んで、World Spaceの欄をInteriorにし、他のCellの名前がずらずら並んでいるところで右クリックをし、Newを押します。
すると、新しいIDを入力しろと言われるので、「aaorenoie」などと分かりやすい名前でつけておいてください。
名前の最初にaaとつける理由は、ID順で一番最初に出てきてやりやすいのでです。
3.家の内部を作ろう
家の内部を編集するために、今作ったCellをRender Windowに表示させます。
CellViewから今作ったCellをダブルクリックしてください。何も無い空間がRendarWindowに表示されます。
この何も無い空間に物を配置していきます。
ObjectWindowからStatic(静的オブジェクト)のカテゴリを選ぶとオブジェクトのリストが表示されます。
とりあえずベッドや椅子よりも先にガワを配置した方がいいので、Filterに「WoodShackInterior」と入力し、右側のリストに表示されたWoodShackInteriorをRenderWindowにドラッグ&ドロップしてください。すると汚い小屋の屋内が現れます。(真っ黒の物がでてきたよShit!って人は上のランプのアイコンをクリックしてください)
なんでこの汚い小屋をわざわざ自分の家にしたかというと、これ以外の家の内部のオブジェクトはパズルピースのようになっておりコツが必要だからです。
添付ファイル