※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会話の設定(初級編-売り子の会話)


会話はクエストで制御します。換言すれば、クエストとはゲーム中の会話を制御する部分なのです(他の使い方もありますが)
1:まずはObject Window の Actor Data の下(+をクリックすると展開します)にある Quest を左クリックしてクエスト一覧を表示させます。
2:クエスト一覧のEditor ID欄(図の赤いエリア)で 右クリック してメニューを出し
3:NEW を選択します。新しくクエストを作るわけです。

クエストウインドウが開きます。
Quest Name - 今回は入力しなくてもいいです。クエストタイトルを表示させるわけでもないので、書いても書かなくても同じです。
ID - 入力必須。内部的にこのクエストを処理するための「名札」です。
(同じIDが使えない以外は特に書式に決まり事はありませんが、一覧の一番上や下に表示させて探しやすくするために a000 や zzz 等をアタマにつけるのが慣習です。)
Start Game Enabled - ここにチェックを入れると、ゲームの最初から(このMODを導入した後すぐに)このクエストは既に始まっています。
(ここにチェックが入っていないと、スクリプトからStartQuest とされないとクエストは始まりません。)
Priority - 「優先度」ですが、入力しないでいいです。入力しないと 0 になりますが、全然平気。
でもって、とりあえず OK を押して、新しいクエストを登録します。

Quest一覧から新しく作ったクエストを選択しますと(例ではzzzTest)、図下部のようになっています。
Script - クエストスクリプトを選ぶ場所です(今回は使用しません)
Script Processing Deley - クエストスクリプトが何秒おきに走るかを設定します(デフォルトで5秒?)これも今回は関係ないです。
会話を設定しますので、Topics タブをクリックします。







Topicsタブはこのようになっています。
1:Editor ID欄(図中赤いエリア)で、右クリックメニューを出して AddTopic を選択します。このクエストにトピック(会話)を加えるという意味ですね。
2:Select Topic ウインドウが新たに開きますので、そこでもまた右クリックしてメニューを出し、New を選びます。新しく会話を作るのです。
3:すると、一番下に入力待ちの空欄が出来ますので、ここでも適当にIDを入れます。新しくトピックが作られましたので、これを選択してやります。






Editor ID にトピックが追加されました。まだ中身は何もありませんので、これを選択して中身を作っていきます。
まずは、Info欄で右クリックメニューをだし、New を選びます。Info とは相手の返答の内容です。
New Response ウインドウが新たに開きますので、そこに相手の台詞を入力してやります。
綴りが間違ってるとスペルチェック警告が出ますが、たまに誤爆もしますのでその時はIgnore(無視)ボタンを押します。で、OKして登録します。






Topic Text - ここにはプレイヤーの台詞(選択肢)を入力します。今はTopicのIDが表示されていると思いますので、書き換えましょう。
Top-Level - トップレベルにチェックを入れると、この選択肢が会話に登場するようになります。チェックを入れないと他のTopicから呼び出されない限り表示されないようになります。
Priority - 表示されるべきTopicが複数個あるときに、ここの数値が大きいものから順に上から表示されるようになります。
Prompt - ここにもプレイヤーの台詞を入力する事ができます。こちらの方がTopic Text より優先されます。相手によって口調を変えたりするときに使います。
Info Refusal - チェックしてください。
そして、Conditions 欄でこの会話が発生する相手や条件を設定していきます。
右クリックメニューからNewとして、条件を作ります。
Result Script(Begin) Result Script(End) - ここには相手の返事が始まった時、または、喋り終わったときに発動するスクリプトを書き込みます。
商売させたい時はShowBarterMenu 修理させたい時はShowRepairMenu と書きます。書いた後でCompile Scripts ボタンを押すのを忘れないように!
添付ファイル