※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3500人が実践!感謝の声多数!
■1日たった20分!酒井式 独学英語習得法 Simple Englishとは・・・
1日20分で英語を話したい人はここをクリック>>>


資金ショート


FX取引をする場合、必ずしも儲かるかというと、そんな保障はありません。
これはあらゆる金融取引において言えることです。
場合によっては、購入した通貨が値下がりしてしまう事もあるでしょう。

そんな状態になった場合は、いつその通貨を手放すかが問題となるのですが、現在所持している通貨を決済する前の状態で、損失が出ている状況の事をFX用語で「資金ショート」と言います。
現在のポジションではマイナスとなっており、更には取引保証金に対して割り込んでしまっている状態の事を、「資金ショート」と読んでおります。

こういった状況が進行すると、現在の証拠金では足りなくなり、新たな証拠金を追加しなくてはならなくなります。
それをFX用語で「追証」と言います。
この「追証」は、まず資金ショート状態になり、次に損失が進むと金融会社からその消費者に向けて連絡が行き、その後追証という流れになります。
この連絡の事を、FX用語で「マージンコール」と言います。
流れを総括すると、まず「資金ショート」、次に「マージンコール」、そして「追証」となります。

FXにおいて、資金ショートを全く経験しないという事は不可能です。
というのも、どのような通貨であっても、上がる日があれば下がる日があります。
全て上げるという事はありえません。
その為、大事なのは、資金ショートになった場合の対処法です。
ここで重要になってくるのが、ロスカットという概念ですね。
このロスカットをどのように設定しているかというのが、非常に重要になってきます。

3日で200万円を400万円にした・・・
日本では極少数の人間しか知らないFX手法を完全無料で公開しています。
詳細はコチラ>>>



現役プロトレーダーによる投資で稼ぐFXの学校 ”無料講座”受付中!

一押しFX情報


山根亜希子の実践FXリスク回避術 ダイジェスト


無料プレゼント


最新経済ニュース



- -