※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

火災

工場・都市・町・ハリボテなどが一定確率で燃えてしまう箱庭定番の災害。

開発初期だとどうしても数が多くなるため、森(記念碑)に隣接させるか消防署の2Hex周囲に配置するか火の神の加護を得るかの対策が必要。

森林比率を上げるためにも、森(記念碑)に隣接させるのがベストだが、記念碑は黄金期にゴールドゴーストに変化するので、

変化したら適量(20~40発程度?、多量だと記念碑を破壊する可能性も)のミサイルで退治。

台風

農場・ハリボテなどが一定確率で吹き飛ぶ軽めの災害。

森(記念碑)に多く隣接させるか、追加建設を1回以上行うこと(農場)で吹き飛ぶ確率を抑えられる。

農場は津波の件もあるので、記念碑で風車を囲み、その周りに配置すると森林割合も稼ぎやすい。

津波

農場・工場・港・村・町・都市・ミサイル基地・防衛施設・ハリボテなどを破壊する厄介な災害。

特に諸島状の島ではその被害は莫大になる可能性も。

海に面しているマスが1マス以下の場合、被害は受けないので、港は1マス隣接が望ましい。

そのほかの物については、内陸部に設置すれば100%津波の被害を受けない。

逆に沿岸部には商業ビルや森、記念碑などの津波に耐えるを配置すればよい。

島の形は海系に接する場所や地盤沈下のことを考えると、1つの大きな円形が望ましい。

噴火

噴火地点を山にし、周囲1Hexを破壊しつくす恐怖の災害。

山の神の加護を受ける以外に対策法はない。

また、浅瀬や海上系が多い島だと陸地面積が跳ね上がりやすいので、死の地盤沈下に繋がる可能性がある。

隕石、巨大隕石

墜落した地点をほぼ確実に深海に変え、巨大隕石はその周り2Hexも破壊しつくす危険な災害。

S以上の防衛施設、イージス艦で島を守るか、空の神の加護を得るかのどちらかしか隕石系を防ぐ手立ては無い。

勿論、防衛施設の真上に墜落した場合はあきらめるしかない。

地震

震源に近い町・工場・ハリボテを破壊する案外軽めの災害。

地の神様の加護を得るか、追加建設(工場)である程度は防げる。

高速系命令で地震の発生確率がアップするが、確率も被害もたいしたこと無いので、再開発ではどんどん使っても良い。

ただ、地震で最も怖いのが海底地震による破壊力プラスの津波であるため、津波対策は取る必要がある。

公害

町系を汚染し、汚染土壌に変える不気味な災害。

町系を早めに巨大都市に進化させるか、町系を最初から作らなければ防ぐことができる。

もし発生してしまった場合も早めに掘削→埋め立てで解決できる。

ただし、放置プレイされている島にとって、汚染土壌はガンのように広がる最悪の災害。

もし広範囲に広がってしまった場合は陸地破壊弾で対応すること。

食料不足

そのほとんどが大規模な災害か政策ミスの人災によって引き起こされる災害。

農場が津波などでいつも破壊されている島、風車と農場を海で隔てている島、食糧消費倍率を上げすぎている島は食糧不足になる危険性がある。

これは的確な政策で防ぐことができる。

なお、最近では様々なシステムにより原油不足から生じる反乱も大きな問題となっているが、これも原油の生産基盤の強化と適切な消費量調節により十分防ぐことが出来る。

赤潮

台風のように養殖場のみに被害を及ぼす、養殖場ヘルペス的災害。

周囲2Hexに工場や町系を配置しない以外に防ぐ方法は無い。

ただし、この箱庭での仕様変更により、ほとんどの養殖場は赤潮により生産量が減るだけなので、そこまで目くじらを立てる必要もない。

なお、海底農場などは被害を受けないので、海底での食糧生産を海底農場のみにするのも1つの手。

犯罪多発

政策の誤りが生む完全な人災。

貧困人口、失業者、難民が多いと発生しやすくなる。

また、幸福度の著しい低下によっても発生する。

前者は警察署で抑えられるが、後者は抑えられないので、食料消費倍率を上げたり職場を確保して幸福度を上げるしか方法は無い。

地盤沈下

海系の周りが全て浅瀬になり、浅瀬は海になってしまう、巨大隕石と食糧不足をはるかに上回る箱庭最悪の災害。

噴火、埋め立ていのら、シーいのらやシーゴーストの跡地によって引き起こされることがほとんど。

噴火は浅瀬や海上系を減らすことである程度対応可能。

埋め立ていのらは早めの退治、陸地破壊弾、コネ、国連保護で対応可能。

シーいのらやシーゴーストの退治跡は意外に盲点で実際にこれで地盤沈下になった島もあるが、これも坪数を抑えれば十分対応可能。

また、発生してしまったときのことも考えると、島を1つの大きな円にしてしまうのが被害を最小にする政策になる。

逆に諸島状の島、湖のある島、細長い島は陸地の半分以上が沈んでしまうこともしばしば。

また、町系やアルコロジーが全て海系に面している場合、一回の地盤沈下で「サドンデス」も起こりうる。

なお、島の周りを全て海上系で囲めば海上系以外の被害はゼロになる。

ただし、これでは港は使えないため工業志向以外になるが…

サドンデス(The Sudden Death ~突然の死)

一回の地盤沈下によって島が無人島になってしまう地盤沈下の中でも取り返しのつかない最悪の災害。

津波対策とあわせて町系などを内陸部に配置することで防ぐことができる。

サドンデスが起こりうる島は上位陣にも多数あるため、サドンデスは決して珍しいことではない。

特に戦争に突入し、何島かで共謀してS埋め立て弾を撃たれた場合、歴史のある強力な島でもサドンデスに持ち込まれてしまうため、防衛面でもサドンデスは非常に重要な要素になる。

日照り、洪水

森林割合によって起こる確率が変わる人口減少系災害

森林割合による発生確率は

4%以下、5~9%(陸0Hexも含む)、10~19%、20%以上

の4つのレベルに分けられる。

火災・津波・公害などのことも考えると20%以上(最悪10%以上)が望ましい。

凶作

食糧生産がゼロになる災害

ただし、食糧が少なくかつ人口の多い島の場合は凶作の連発で食糧不足を招く可能性もあるため、注意が必要になる。

これに関しては完全に確率の問題なので、食糧の需要と供給のみに気をつければ対応可能。

※暫定的なものなので、細かい修正は後日行います。