ShootingGuard


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ShootingGuard

3Pの打ち所

各ポジ毎の補正範囲を把握しておく。
間に合わない範囲であればもちろんブロされない。

基本的に補正がよく効くので軸ずらしは対Gくらいしか通用しない。
斜めからの3Pがずらしやすい。

マーク判定

モーションに入る瞬間に目の前にいるかどうか。
一瞬マークを外して、モーション入った後マークに付かれてもフリー。
それよりも、パスもらった後にマーク付かれるとパス補正が消える。
(マークついている状態から)マークずらして3Pと、フェイク移動3Pは成功率が変わらない。

危険だけど結構入る打ち方

3Pラインキャラ一つ分内側でパスを受ける。
そのまま3Pラインに下がって打つ。
切返しだと打つまでにマークに付かれるor反射的に飛ばれる可能性が高い。
個人的に4発に1発程度ブロ飛ばれるかどうか。
1試合に何度も使えば簡単にブロされる。