最終更新日時: 2009年05月20日 (水) 17時16分50秒

画質の劣化要因


ニコニコ動画にプレイ動画を投稿する際に起こる「画質の劣化」。
この「画質の劣化」がどのようにして起こるのかの原因を説明し、逆説的に「画質を劣化させないためにはどうすればいいのか」紹介します。

基本的な事項をざっくり紹介するページですので http://nicowiki.com/ の内容を理解できている方は読み飛ばしてくださって大丈夫です。
また、厳密にはちょっと違う、という説明が入っているかと思われますが、初心者の方にできるだけ全体像をつかんでいただくためにおおざっぱな説明としています。ご了承ください。



エンコードを繰り返すと劣化する


ニコニコ動画への投稿・編集で使用される動画形式(フォーマット)の中でエンコードを伴うものは、そのほとんどが非可逆圧縮方式です。
これは、「エンコード後の結果がエンコード前の素材と異なるものになる。元通りには戻らない」ということを意味します。
ニアリーイコール、「エンコードすると画質が劣化する」ということになります。

ニコニコ動画に投稿する以上は最低1回のエンコードは必要です。「エンコードしない」ということはできません。
しかし、「エンコードを1回だけで済む手順を選ぶ」ことで、このエンコードによる画質劣化を最低限に抑えることは可能です。

ニコニコ動画では、「FLV」形式か「MP4」形式で、解像度とビットレートが規定範囲にあるものについてはニコニコ動画内での再エンコードを行わず直接受け付ける使用になっています。
これ以外の、ビットレート違反であったり、WMV形式やDivX形式などの動画は、既にエンコードをしてあってもニコニコ動画内のサーバにおいて再度エンコードがされてしまい、つまりは画質が劣化します。
  • キャプチャと編集においてエンコードをしない
  • 投稿直前に1回のエンコードを行う
  • ニコニコ動画に直接受け付けてもらう形式・内容にする
この3点を守ることで、画質のよい動画にすることができます。

とはいえ、HDDの容量や転送速度などの制限で、編集を無圧縮の動画で行うことが不可能な場合があります。
その場合は、劣化の極力少ないフォーマットを選択したうえでビットレートを極力高くすることで、目に見えるほどの劣化を伴わずに編集やエンコードをすることができます。
具体的にはWMV形式においては10Mbps以上使えばほぼ目に見える劣化はありません。

圧縮はするが劣化しない「可逆圧縮」というフォーマットもありますので、可能ならば可逆圧縮フォーマットを利用することで理論上の画質劣化をせずにHDDも節約するということもできます。中級以上では挑戦してみてもよいでしょう。

解像度を変えると劣化する


動画の縦横のピクセル数のことを便宜的に解像度と呼びます。
横のピクセル数×縦のピクセル数で、720×480とか512×384などと表現します。

この解像度を変えると、画質が劣化しやすいです。
キャプチャ・編集・エンコード・そしてニコニコ動画の再生までのすべての過程で、できるだけ解像度が変わらないように工夫すると画質のよい動画を作ることができます。

まずニコニコ動画の基本として、標準サイズのプレーヤ画面解像度が「512×384」というものがあります。
ニコニコ動画に投稿する場合はこの解像度がひとつの目安となります。
「512×384」解像度でキャプチャし、編集し、エンコードし、投稿すると、キャプチャから再生まで一度も解像度が変わらない動画となり、画質面で有利です。
まずこれを目指しましょう。

「MP4」形式での投稿においては、「512×384」を越えるサイズの動画でも「800×600」未満でその他ビットレート等の条件が満たされていれば再エンコードせずに受け付け、標準サイズプレーヤでは512×384に縮小表示されるものの、ブラウザを全画面にしてプレーヤサイズを拡大すると投稿したままの解像度で表示されるようになっています。
中級者になれば、これを目指すのも一つの手でしょう。
ただし「512×384」を越えるサイズの動画はその分だけ画質を保つためにビットレートを高くする必要があり、「エコノミー制限」にひっかかりやすくなります。

動画形式で画質は変わる

動画の形式(フォーマット)には、無圧縮AVI・MPEG2・DV-AVI・WMV・DivX・VP6 FLV・X.264/MPEG4などさまざまなものがあります。
それぞれに長所短所がありますが、この形式が変わると画質も変わります。画質の一つの指標として「ビットレート」というものがありますが、このビットレートは同一の形式内での比較にしか使えず、異なる形式間ではビットレートのみで画質を比較することはできません。

単純化すると、
  • 圧縮効率の高い形式ほど、低いビットレートでも画質を保ちやすい
という法則はあります。

この法則と、ニコニコ動画が「MP4」形式の範囲内ビットレート動画は再エンコードしないこととあわせて、本tipsでは「x.264/MPEG4形式」で投稿することを基本とします。

名前:
コメント: