最終更新日時: 2010年05月07日 (金) 23時02分31秒

本体開発資料


FreeTrainEX Av本体や、本体に密接に関わるDLLつきプラグインの開発に関する資料です。



開発言語について
  • 開発言語については、今後は基本的に「C#」のみとします。
  • 既存モジュールのバージョンアップにおいては、必ずC#を使用してください。C++など他言語を利用した場合はマージできません。
  • β0.9現状、DirectXWrapperがC++を利用していますが、これも可能であればC#に吸収して撤廃したいところです。かなり困難と思われますが。
  • 実行ファイルを伴なうpluginについては、独自配布するぶんにはどの開発言語を利用されても構いません。ただ本体と同時配布することを考えると可能な限りC#での開発を行っていただきたいと希望します。

  • 開発言語にC#を利用するだけでなく、「Visual C# 2008 Express Edition」すなわち無料版Visual C# 2008でビルドできるようにしてください。またC++を使う場合も「Visual C++ 2008 Express Edition」でビルドできるようにしてください。
  • Standard Edition以上を使っていると気づかないことですが、ほんの少しだけ、Express Editionに含まれていないライブラリ・ヘッダファイルがあり、それを使うとExpress Editionでビルドできないということになってしまうのです。
  • これは、誰でも、無料で、FreeTrainEX Avをビルドできるよ、という方針です。

  • やむをえずC++を使った場合は、ソリューションでC++/C#一発ビルドするのは避けてください。そのソリューションファイルはExpress Editionで使えません。
  • お手数ですが、C++単独でDLLビルドしたのち、できあがったDLLをC#から参照するように2つのソリューションに分割してください。