最終更新日時: 2009年03月31日 (火) 10時26分48秒

tips モノレールの路盤建設


FreeTrainEX Avでモノレールを建設する場合、線路に重ねて道路pluginで提供されているモノレール路盤パーツを設置するため、ちょっとしたコツが必要になります。
その方法をついてまとめます。



地平上におけるモノレール道路pluginの動作を確認

まず、道路pluginを制約なく建設できる地平上において、モノレール路盤の建設のクセをつかみます。

直角カーブと、斜め直線とを作ってみましょう。

上のような路盤にするには、斜めにするところで1ボクセルずつ縦横縦横と折り返します。
これが基本形ですが、今やった伸ばし方は地平でのみ使える伸ばし方、高架ではこのままではいきません。

一応線路を敷いて、確認しておきます。
次章ではこれを高架でやってみます。


高架にモノレール線路を敷く


モノレール路盤に利用している道路pluginは、高架に伸ばすのには
  1. 雛壇上等の地平を起点に一直線に伸ばす
  2. 高架線路を起点に一直線に伸ばす
のどちらかしかできません。
今回はモノレール線路を作りたいわけなので、まず線路を敷いておき、その線路を起点とすることができます。
線路もいきなり高架線路を出現させることはできないので、作業用の勾配線路を地平におく必要があります。線路を引き終わったら、この勾配線路は撤去してしまってかまいません。
勾配線路に続く高架線路、その途中で分岐して複線になる線路をまず建設してみました。

ここにモノレール路盤をくっつけます。
まず長く直線にひきます。
ポイントに分かれるところでは、分岐先の路盤を1ボクセル長く伸ばしておきます。

ポイント部分を起点に真横に路盤を引っ張ると

モノレール路盤もポイントにそって曲がります。
これが直線と分岐の基本です。


高架モノレールのカーブ


直角にカーブするモノレール線路を作ります。
まず線路を引きます。

直線部分にモノレール路盤を引きますが、路盤同士が交わらないよう、その1ボクセル手前までで止めます。
ここで方角によっては車止めができますが、気にしないでください。次の手順で自然に消えます。

今直線をとめたその最後のボクセルから、それぞれ1ボクセルずつ内側に引っ張りますこのとき③と④は交わります。

今建設したところが綺麗なカーブになりましたね。


高架モノレールの斜め線路


次のような斜め部分を含んだ線路の形のモノレールを建設します。

直線部分は普通に伸ばしてきますが、右下向きにだけは1ボクセル飛び出させます。
続いて斜め部分で、線路を起点にして、右下向きへ1ボクセル引くのをすべての線路で行います。

こうなったはずです。

今度は斜め部分と出口のレールを起点に、左下向きに1ボクセル路盤を引きます。

すべて引き終わるとこうなります。
完成です。