fragmentofdryad @ ウィキ

岬の灯台



オーガ HP:20 SP:10 EX:170
デーモニュート HP:20 SP:20 EX:193

入り口から 16jd

灯台の最上階には、黒いマントを着た魔術師がいた。顔に仮面をつけていて、性別はわからない…

???
『よくぞ来た、勇者よ!
余の名はリンネガート。いずれ世界を完全なる闇と邪悪と魔の世界に変える者だ。
余の配下を次々と打ち倒し、ここまで辿り付いたことは称賛に値する。だがこれまでだ。精霊の欠片もこの通り、手に入れた。
ふむ、戦うというのか。いいだろう、かかってきたまえ。余との歴然たる力の差をその身を以って感じ、冥界で余に牙を剥いたことを後悔するがいい。』

??? と遭遇!

 攻:1(邪) 防御:10(邪) 敏:1 魔:7
 技:ダークフォース ポイズンミスト ミアズマフィールド イービルスピリット
 落:漆黒の軍馬(馬/0 0 5 0/)
勝利後、大事なアイテム"かぜのかけら"取得

勝利後の会話(反転)
???
『フフ…
フッ、フハハハハハ!
やるではないか、人間よ!いいだろう、余の大地まで来るがいい。そこで決着をつけようではないか!』

そういうと、静かに魔王は姿を消した。
どうやら、魔王の“影”だったらしい。灯台からは、遥か彼方の“南の大地”が見える。
暗雲が立ち込め、迸る稲妻が見える。魔王リンネガートは、あそこにいるのだ…。


  • 拾えるもの