刑法俗論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

刑法俗論
      三井事件の品位問題
 海軍収賄事件たる三井収賄事件の弁護人が、自己の弁護する被告弁護の為め、相弁護人の弁論を妨害し、弥次り仲間喧嘩し、検事の嘲笑を買ひ、社会の擯斥を蒙りたるは、法廷の神聖を汚し弁護士の品位を傷けたるものなり、特に其弁護人が悉く当世第一流の御歴々たるに於て益々怪しからぬ事なり、宜しく懲戒すべきものなりとの論、蔭にて喧しけれど、一笑にも値せざる愚論なりと思ふ。
 弁護士迚商売なり、あの位弁護料を取れば義理にも熱心が過ぎ喧嘩の一つ位為さざるを得ず、之を兎や角云ふは焼餅にあらんずんば羨べいなり、又法廷たりとて議会や御前以上神聖なる訳もなし、議会の弥次御前会議の争論殆ど滅多にある例なり、若し夫れ第一流云々に至つては、能く顔を見詰め「これで女房があつてソシテ・・・・・・」と思へば決して特に尊敬の念の起るべき筋合のものにあらず
      将校の判事斬事件
 所沢の飛行将校が判事を斬りたりとて人権問題を担ぎ出し天下の一大事変として弁護士会の奮起を促す者あり、希くは児戯を止めよ、夫れ軍人は敵を斃すを以て生く、其日日演習する処は殺人の稽古なり、習ひは果して性となりブツチヤーは至極残忍の者ならんには、軍人が判事を斬る位は朝飯前の仕事敢て今更驚くに及ばず、私は之れが、犬殺しが犬を殺した以上偶然の変事とは決して思はない。
      刑事政策論を読む
 古今東西の学者の一致する説に依れば犯罪とは制裁として刑罰を付したる法令に違反するの行為なり、要約すれば法律違背の行為なり、此反法行為の予防殲滅を期するは刑事政策学の研究範囲にして学者は之に対して裁判監獄の改良出獄人の保護等種々を提供すと雖も均しく学者の論にして其迂愚須らく逃ぐるに如かず我輩は犯罪とは反法の謂なれば、法律の廃止は即ち犯罪の消滅なりと信ず待テ、決して語呂落やソフヒストの論に非ず。
 広く内外に渉りて古代の法制史を案ずるに、徳川時代に在ては私通殺犬等の行為は犯罪にして之が為め死刑に処せられたる者甚だ少しとせず、然るに明治の聖代に及んで本罪の違反者として検挙せられたる者無きは法律廃止の結果に外ならず、現に大正の今日に於ても官吏侮辱の罰則廃止以来吾人未だ曽て官吏侮辱罪に問はれたる者あるを聞かず、蓋し罰則廃止の結果其罰則に違反する者なきは論理当然の結果なればなり。
 難者或は曰はん、今日直ちに刑法を廃止せば吾人の生命身体財産は一日と雖も其保護を全ふするを得ず、論者の論は角を矯めて牛を殺す以上の暴論なり到底本気の沙汰には非ざるべしと、果して然らば豈夫れ然らんや、吾輩と雖も今直ぐ刑法を廃止せよとソンナ野暮を云ふ者にあらず、只、私通罪殺犬罪官吏侮辱罪等の罰則を廃止しても差支無きと同様財産罪や淫罪の罰則を廃止しても差支え無い様な浮世に此浮世がなつたら、其不必要の刑法は廃止したく無くても自然廃止になると云ふ事を云ひ度いのである、而して婚姻法を良い様に改正すれば姦通強姦等の犯罪は立処に絶滅し民法の一部特に所有権占有権の条項を改正して生活に必要なる一切の財産を、空気に於けるが如く、生命維持の為め必要に応じて誰にも自由に処分し得らるると同時に、誰にも私有独占を許さない様にしたなら今日の窃盗強盗詐欺横領等の財産罪又は破廉恥罪は直ちに消滅する事を保証する、夢と思はば勝手に笑へ、然り而して永生せよ汝必ず此原則が我憲法に明定さるるの日を見ん。
      奥山事件と大和魂
 奥山事件とは学術圧迫事件として都下の新聞に喧伝されたる医師奥山伸のチブス予防液製造取締規則違反の事なり、新聞の伝ふる処に依れば本件は北里博士等の元伝染病研究所が奥山予防液の研究所液より無害にして評判良きを妬み警視庁と検事局に密告し検事局に於て取締規則違反として起訴し其研究を中止せしめんと欲したるものなりと、然れども之れは贔負の引倒しなり、人は案外善人にて他人の思ふ程悪人にあらず特に検事局迄が人の手先になる様な事は断じて有之ず、我等は之を日本魂の発顕と解す、検事局が今日知る如く其当時奥山の人格徳望学識に就て知つたなら必ず起訴せざりしものに相違ない、日本人には共通の強い者には弱いが弱い者には強い官尊民卑の官僚根性の事大思想即ち日本魂がある、検事とて日本人なれば大和魂あるは免れない処なり、「名もなき貧相な一開業医が山師の外に何かある」と来るは心理学上日本魂の特徴である、由来日本人は支那人の事大思想を笑ふが第三者から見たら、「チャンからオ可笑イ」と云ふだろふ、今日頻繁に起る人権蹂躙問題は皆大和魂の適用に外ならぬ、此道理を知らずして矢鱈に人権擁護を叫んだ処で千松の帰りを待つ様な者だ、仮令千萬年経つた迚何の効が之れ在らん。
<山崎今朝弥著、弁護士大安売に収録>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。