改心広告


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

改心広告
 私事、旧年中は色々道楽が過ぎ、無料専門我儘御免の平民法律所事件のみ多くなり、業務益々繁栄を極め大いに弱り抜き申候、新年よりは断然茲に改心仕り、成るべく無料道楽事件には遠慮を願ひ正に拗ね者の本柱を現はして目下の不景気に反抗し、極力景気よく金儲けに熱中仕り度と存候、就いては苟も割よき法律事務は何種に限らず多少に拘はらず、何でも猛烈に取扱ひ可申候に付き、何卒可然御引立の程偏に奉願上候
 大正十年一月一日
          弁護士 山崎今朝彌
<山崎今朝弥著、弁護士大安売に収録>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。