3.17・我輩の問題


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

我輩の問題
      一、『小僧判事』の陰口
 で忽ち天下の同情を一身に蒐めた、弁護士高木益太郎氏の法律新聞第千九百五十五号(三月十八日発行)に『山崎弁護士の奇異な上告趣意』と云ふ題で、又仲間が一人増へたそうな左の記事が出た。
 米国伯爵、法学博士、医学博士、哲学博士、平民大学総長、其他色々の肩書を有する、奇人弁護士山崎今朝彌氏は今回「民権新聞」に対する新聞紙法違反事件に付きて、刑事上告趣意書を大審院刑事第一部横田裁判長に差出し、藤波判事主任となり、目下取調中なるが其趣意書中の一節に曰く
 若し之をしも強いて安寧秩序を破壊するものなりとせば、日毎日常の新聞雑誌は悉く秩序紊乱となり、之を不問に付する全国の司法官は、原審判事山浦武四郎殿、江木清平殿、西豊芳二郎殿三名を除く外皆偉大なる低能児の化石なりと云はざるを得ず、天下断じて豈に斯くの如き理あらんや云云、原裁判は真に呆きれて物が言へずと云はざるを得ず、云云。
 猶同氏は曩に麹町警察の巡査某及び警部遠藤某とを、傷害被告人として、東京区裁判所へ告発したるが、萬一検事が右暴行巡査の氏名をさへ遠慮するが多きことありては由々しき一大事なりとて、左の如き文面を葉書に印刷し、塩野検事を始め諸方へ配布しつつありと。
 終りに、私は一月末日、陛下の赤子を態と公然傷害した麹町警察の巡査某(人物は判明し居るも署員の同盟罷口により氏名は不詳)と警部遠藤某とを告発仕り候(東京区裁判所塩野上席検事係)マサカとは存候も、萬一、検事が右暴行巡査の氏名さへも遠慮するなら、誓て遂には由々敷不祥事を続発せん、斯くては真に邦家の一大事、平素愛国の貴下は是非此点に特別の御留意と御監視とを賜り度此段得貴意候也・・・・・・山崎今朝彌

すると、間もなく都下十数の新聞に、僕が其の為め又懲戒裁判に付せられた、とかの記事が大々的に報道された。二三日我慢したが僕が遂々敗けて各社に、

      二、左記取消文を送つた
 四五日前の貴紙上に、私の出した上告趣意書が過激だつたとの理由で、私が懲戒裁判に付せられた旨の記事が出ましたが、あれは途方もないウソ間違ひですから宜敷御取消を願ひます。元来私は懲戒されない事を左程名誉とも思つていませんから、懲戒された処が決して不名誉とも思ひません。此点では取消して貰ふ必要もありません、がアノ記事の為めに当然無罪になるものが有罪になつたり、又は常に事を好み上を憚らざる不届者奴がなどと、其筋からニラマレたりしては困ります。既に懲戒裁判があつたものと早呑込して、四方八方から悔みや見舞を受けてるにも弱つています。元来アンナ無茶の判決を攻撃叱咤するに、アノ位の文句を使用する事は当然で、其は吾々の権利であらねばなりません。思想問題に関しては大審院は下級裁判所より厳刑主義を採り、原判決を取消すなどの事はソレが仮令従来にない例であらふとも、コレに限つては必らず原判決が破毀され被告は無罪とならねばなりません。カヨウな確信の下に書いた私の上告趣意書、少しは過激に渉つた点ありとするも一字一句、一句一節のみ読まず文章全体を読んで貰へば、ソウ大した問題になる程の不穏文書でない事は、私が誓て全国の司法官に代て保証する処であります。右全文御掲載の上全部御取消相成度し。
 然るに飽く迄非を遂げ我を通す新聞社は期せず一致して、此取消を出して呉れなかつた。依て私は貴誌を借り問題の論文と問題の判決と問題の上告趣意書とを識者に発表して総てを解決せんとする。

      三、論文「自由?死?」
 維新の大業完成し、憲法は発布せられ民法は創定せられ議院は設けられ、法律規則の整備に従うて人民の権利大に伸張し、文物制度燦然として光輝を放つ事今日の如きは非ずと称せらる。然り、人権は尊重確保せられ、生活の安定は得、財産は保護せられ、現代を謳歌する民の尠からざる事は吾人も之を認む、併し斯くの如き幸福に浴し得るものは、所謂ブルジヨアジーのみ、我等多数の無産階級は寸毫も顧みられず。
 例へば憲法第二十九条に保障せられたる、言論著作印行集会及び結社の自由の如き、附属法律の為に保証金無きプロレタリアは思想発表の具として一新聞紙をも発行するを得ず、即ち無産者は印行の自由を殆ど根底より奪はる。社会運動者、労働運動者が言論集会結社に、不法の圧迫干渉を受け、甚だ敷自由を束縛せられつつあるは天下周知の事実なり。我国には、現時海外文明国に類例無き、治安警察法第十七条なるものの厳存せるあり、曽て議員の質問に当局者は、該法は適用せざるかの如くほのめかし、伝家の宝刀として存置し、時々質朴なる労働運動者を闇撃ちし其団結権を脅威するは、盲者を陥穽に導くに同じ。斯の如くして憲法の保障なるものは、往々事実に於て無産者に役立たず、茲に到つて憲法は、プロレタリアの為には空文にして、反古同様のものに非ざるなきやを疑はざるを得ざるなり。其他の汎有法律規則も、特権階級の保護は至れり尽せりと雖も、無産者は殆ど保護の埒外に放置せらるるの観なきに非ず而も罰則の適用例は、ブルジヨアーには寛大にプロレタリアは峻厳苛酷を極む。帝国議会は、軍備拡張と増税と歳費増加と我田引鉄との議決機関の観ありて、議員は只管に、権力に媚び財閥に諂ひ、自己の囊中を重からしむる事にのみ腐心し、神聖なりと謂はるる議場は、乱闘哮噬あさましくも醜陋なる野獣境を現出せり。
 之を要するに、現社会に於て特権階級は、跋扈跳梁横暴を極むるにかかはらず、無産階級は未だ真に自覚せる者尠くして、民権の確立前途遼遠の感なきに非ず、然れど、近時覚醒の兆漸次濃厚を加へ、黎明は刻一刻と近づきつつあり、吾等は全力を発揮して、無産者のため民衆のため暁鐘を撞かむとするものなり。(新人会、丹悦太)

      四、第一審判決
大正十年(公)第一三四号
      判決
          小川孫六
          丹悦太
 右両名に対する、新聞紙法違反被告事件に付、当裁判所は検事川上吉達干与審理判決すること左の如し。
      主文
 被告人孫六を発行人並編輯人として各罰金三十円に処す
 被告人悦太を罰金五十円に処す
 右罰金を完納すること能はざるとき被告人孫六を六十日間、被告悦太を五十日間各労役場に留置す
 押収品は差出人に還付す
      理由
 被告人孫六は、呉市古川町四十二番地の七に於て、発行する民権新聞の発行人兼編輯人なる処、大正十年七月二十五日発行の、同新聞第一号第一面に、自由? 死? と題し云云。(前記論文の摘載に付き中略す)との安寧秩序を紊すべき記事を掲載したるものにして、被告悦太は右記事を執筆したるものにして、自己の氏名を表示して、前記掲載の事項に署名したるものなり。
 右の事実は
 一、被告人孫六の当公廷に於ける、自分は呉市古川町四十二番地の七に於て、発行する民権新聞の発行人兼編輯人なる処、大正十年七月二十五日発行の、民権新聞第一号第一面に、自由? 死?と題する判示同旨の記事を、此通り(証第一号証を示す)掲載したるに相違なし記事は丹悦太が執筆したるものにして自分は予て雑誌にて丹の名前を知り居りたる故、同人に対し自分は近々新聞を発行するに付き、投稿し呉れと頼み置きたる処、其後大正十年七月二十日前後の頃と思ふ、丹より原稿を送付したるにより、原稿を其儘新聞に掲載したるものにして、新聞に掲載しあると原稿とは毫も異ならず、原稿には新聞に掲載通り自由? 死?と題し、新人会丹悦太と氏名を書き次に記事を掲載したる旨の供述。
 一、被告人丹悦太の当公廷に於ける、大正十年六月中と思ふ小川孫六より、民権新聞を発行する故何か投稿して呉れと申込み其後自分宅を訪問し、投稿を依頼したるに付、自分は原稿用紙に自由? 死?と題する記事を執筆し、小川に送り民権新聞第一号に掲載せしめたり、其原稿は此民権新聞(証第一号を示す)に掲載しある通りにて、自由? 死?と題し次に新人会丹悦太と書き、次に記事を記載せるものなる旨の供述。
 一、押収に係る大正十年七月二十五日発行の民権新聞第一号第一面中の記載。
とに依りて之を認む。
 法律に照すに
 被告人孫六の所為は、新聞紙法第四十一条前段に該当するを以て、同条所定の罰金刑を選択し、尚同法第四十四条を適用し、同人を発行人並編輯人として、各罰金三十円に処すべく、被告人悦太の所為は、同法第九条第二号第四十一条前段に該当するを以て、同条所定の罰金刑を選択し、同人を罰金五十円に処すべく、尚刑法第十八条に依り被告人孫六に対し、罰金不能の場合に於ける労役場留置期間の言渡を為すべく、押収品は刑事訴訟法第二百二条に依り、差出人に還付すべきものとす。
 仍て主文の如く判決す
 大正十年十一月十八日      呉裁判所 判事 横溝邦恵

      五、第二審判決
          小川孫六
          丹悦太
 右両名に対する新聞紙法違反被告事件に付、大正十年十一月十八日呉区裁判所が言渡したる、有罪判決に対し各被告人より、適法なる控訴の申立ありたるを以て、当裁判所は検事帆高寿一干与審理判決すること左の如し。
      主文
 原判決を取消す
 被告人孫六を発行人兼編輯人として各罰金三十円に処す
 被告人悦太を罰金五十円に処す
 右罰金を完納すること能はざるときは、被告人孫六を各十五日間被告人悦太を二十五日間各労役場に留置す押収物は差出人に還付す
      理由
 被告人孫六は、呉市古川町四十二番地の七に於て、発行する民権新聞の発行人兼編輯人なる処、大正十年七月二十五日発行同新聞第一号第一面に、自由? 死?と題し云云。(第一審判決と同一に付き中略す)との趣旨の、安寧秩序を紊すべき記事を掲載したるものにして、被告人悦太は右記事を執筆し自己の氏名を表示して、前記掲載の事項に署名したるものなり。
 右の事実は
 一、被告人孫六の当公廷に於ける、自分は職工及労働者を覚醒する目的を以て、大正十年七月二十五日呉市古川町四十二番地の七に於て、民権新聞初号を発刊し其社長兼発行編輯人となり居るものなり、而して七月二十日前後に丹悦太方を訪問したる際、自分は此度民権新聞を発刊するに付、何か記事を投稿し呉れ度き旨を依頼し置き、大正十年七月二十五日発行の民権新聞第一号第一面に悦太の執筆し呉れたる自由? 死?と題する判示の如き、記事を掲載したることは相違なし、該新聞は労働者のみに千五百部頒布したりとの旨の供述と。
 一、被告人悦太の当公廷に於ける、大正十年七月二十五日発行民権新聞第一号第一面に掲載せられたる、自由? 死?と題する判示の如き、記事は自分の執筆したるものに相違なく、該記事は小川孫六より、七月二十日頃何か投稿し呉れと依頼せられたるに付、之を執筆したる上孫六に送付し、同人が該新聞に掲載したるものなり、而して判示の記事には新人会丹悦太なる署名を、為したるに相違なしとの旨の陳述と。
 一、押収に係る証第一号民権新聞第一号(大正十年七月二十五日発行)第一面中に判示と、同趣旨の記事記載あり。
とにより之を認定す。
 法律に照すに、被告人孫六の判示所為は、新聞紙法第四十一条前段に該当するを以て、同条所定の罰金刑を選択し、尚同法第四十四条を適用し同人を発行人兼編輯人として、各罰金三十円に処し、被告人悦太の判示所為は、同法第九条第二号第四十一条前段に該当するを以て、同条所定の罰金刑を選択し、同人を罰金五十円に処すべく、右罰金不完納の場合に於ては、刑法第十八条に則り、被告人悦太を二十五日各労役場に留置すべく押収物件は没収に係らざるを以て、刑事訴訟法第二百二条に依り差出人に還付すべきものとす。
 然れば原判決は、被告人両名に対する罰金不完納の場合に於ける労役場留置に付き、一日一円の割合に相当する期間を定めたる失当あるのみならず、原審第二回公判始末書中大正十年十一月十八日呉区裁判所公開廷に於て、第二回公判始末書に記載したると同一の判事裁判所書記列席の上云云、判事は判決を言渡す旨を告げ判決主文の朗読に依り判決を言渡し云々と記載しありて、列席判事裁判所書記の、官氏名を欠如す従つて原裁判所に於ては、如何なる判事裁判所書記列席の下に、判決を言渡したるものなりや、全然之を知るに由なく、斯の如き重要なる手続に違背して為されたる原審判決は、結局失当たるを免れず、仍て各被告人の控訴は其理由あるに付、刑事訴訟法第二百六十一条第二項を適用し、主文の如く判決す。
 大正十年十二月二十六日      広島地方裁判所刑事部
                  判事山浦武四郎、江本清平、西豊芳二郎

      六、問題の「上告趣意書」
一部大正十年(れ)九九号
   丹悦太、小川孫六上告趣意書
      第一点
 原判決が安寧秩序紊乱として判示したる被告署名の本件の記事に、判示の如く「自由?死?」と題し、第一段に現代社会の幸福は所謂「ブルジヨアジー」のみ享くる所にして無産者は毫も顧られざる事を論し、其例として言論の自由は憲法に於ては保証さるる処なるも事実に於ては保証金なき「プロレタリア」は一新聞だに発行するを得ざる事を挙げ、第二段に、社会運動者が常に不法の圧迫手段干渉を受くる事、総ての法律規則が特権階級に有利にして無産者の保護に欠くる所ある事、罰則の適用も亦「ブルジヨアジー」には比較的寛大なる事を説き、末段に於て、現在の特権階級は跌扈跳梁専恣横暴を極むるが故、我等は全力を尽して無産者の為め暁鐘を撞かんとするものなりとの趣旨を述べたるに過ぎずして、事実全く其通り、少しの誇張も虚飾もなく、文詞用語も亦頗る冷静平凡、奇矯に失せず激越に渉らず、十数年来萬人均しく、文章に演説に、都鄙到る処に言ひ古され、語り尽されたる、有触れたる論議なれば、毫末も社会の平静を紊り共同の生活を乱すものにあらず。若し之れをしも強ひて安寧の秩序を破壊するものなりとせば、日毎日常の新聞雑誌は悉く秩序紊乱となり、之れを不問に付する全国の司法官は、原審判事山浦武四郎殿、江本清平殿、西豊芳二郎殿三名を除くの外、皆偉大なる低能児の化石なりと謂はざるを得ず、天下断じて豈此の如き理あらんや。然らば原審が奮然と意を決して之れを安寧秩序紊乱と目し、新聞紙法第四十一条に問擬したるは不法も亦甚だしきもの、真に呆きれて物が言へすと云はざるを得ず。原判決は畢竟破毀を免れず被告等は到底無罪を免れず。
      第二点
 原判決は理由に於て「被告孫六は呉市に於て発行する民権新聞の発行人なる処・・・・・・同新聞第一号に『自由?死?』と題し、云々の記事を掲載し、被告人悦太は右記事・・・・・・に署名したるものなり」とのみ事実を認定し之れに新聞紙法を適用せり。
 然れども右事実の認定のみにては右民権新聞が果して出版法により発行する新聞にあらずして、新聞紙法により発行する新聞なる事実明かならず。然らば原判決は犯罪構成の要件たる事実を完全充分に判決に掲げさる不法あり。
 仮りに判決に謂ふ新聞とは、当然一定の題号を行ひ定期に発行する出版物のことなりとせば、原判決には証拠に依らず事実を認定したる不法あり。蓋し原判決掲記三箇の証拠の如何なる部分(証第一号は記事のみを採用したる点に注意)にも、本件民権新聞が一定の題号を用ひて定期に発行する出版物なることを推知するに足る記載なければなり。
      第三点
 原審は法廷に於て検事の論告に対して起立せざる被告を退廷せしめ、被告最終の供述を聴かずして裁判せり。然れども公開を禁じたる法廷に於て、聊か被告が我意を通し検事の論告の際起立せざればとて裁判の威厳を損するものにあらず。否却て斯る事にて判事が我意を通し意地を張り、悉く所謂児戯的形式的官僚的態度に出て、其特色を発揮して啀み合ふ方が、却て裁判の威厳を損するものなれば、強制して迄も起立させべきものにあらず。従つて起立せざることは勿論、起立せよとの説諭に従はざる行為と雖も之れを不当の行状なりと云ふを得ず。
 然らば之れを不当の行状なりして被告に退廷を命じ、被告最終の供述を聴くことなく、こつそり審理を続け弁論を閉ぢたるは、公判手続上重大なる違法あるものにして、原判決は此点に於ても到底破毀を免れず。
 大正十一年二月二十日      弁護人 山崎今朝彌
大審院第一刑事部 御中

      七、総て無罪の判決
 右事件の大審院判決言渡は、延期に延期を重ねていたが、四月四日午後一時刑事第一部横田裁判長係りにて、『原判決を破毀す被告を無罪とす』との言渡があつた。之れで私の杞憂も、杞憂に過ぎなかつた事となり、全国の司法官も全部低能ではない事となつた訳である。マアよかつた。
<山崎今朝弥著、山崎伯爵創作集に収録>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。