『山崎伯爵創作集』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『山崎伯爵創作集』(Yamazaki hakushaku sousaku shu / The Earl Yamazaki fiction collection)
3.00・凡例
3.01・序
3.02・地震、流言、火事、暴徒
3.03・露国討つ可し、日本べからず・露国飢饉救済金募集趣旨書
3.04・大庭君を殺した者は誰か
3.05・自から不良老年となつて
3.06・社会葬・高尾君の思出
3.07・外二名及大杉君の思出
3.08・平澤計七君を憶ひて
3.09・朝鮮問題の問答集・選外壱等
3.10・罰の跋
3.11・偉大なる低能
3.12・革命の宣言(但来年より)・社会運動通信・革命来る(但本誌に)
3.13・司法官心理
3.14・裁判の正体
3.15・前編終り
3.16・本編・無料事件依頼状
3.17・我輩の問題
3.18・問題となるまで
3.19・判決(大正十一年(れ)九九号)・劃時代的の判決
3.20・懲戒裁判開始決定
3.21・新聞記事
3.22・心機一転又再転
3.23・忌避の申請・忌避申請の決定・上申書・山崎氏の忌避申請却下されて抗告・大審院の決定書(大正十一年(な)第二号)
3.24・期日進行再度上申書・懲戒裁判所の判決(第一審東京控訴院)
3.25・忌避から判決まで・書記課への抗議・控訴状・控訴取下書・日記秘第四五号秘号
3.26・大団円
3.27・チツトにタント、テロリとケロリ・其後の近況と法律萬能主義
3.28・訛伝正伝
3.29・奥付
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。