無題言


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無題言
      ○
 従来同人雑誌であつた解放は、去年だか今年だかの十月頃相談の結果、来年だか本年だかの正月即ち本号から我等の友人雑誌といふことになつた。
      ○
 同人雑誌だからとて同人のもの計り載せた訳でなく、同人の推薦したものもあれば同人の依頼したものもあり、同人の取つたものもあれば同人の処へ来たものもあり、又友人雑誌だからとて友人のもの計りといふ訳でなく、我等も書けば友人も書き、友人には現在の友人もあれば、未来の友人もあり、友人の友人もあれば其又友人もあるから、結局は畢竟同じことであろふ。
      ○
 同人雑誌を止めて貰つた訳は、雑誌がお蔭で急激に進展して世界的になつたといふ関係もあるが、一人の同人にさへも何等の満足を与へ得ぬのに何時までも名義を借りて置くは何となく心苦しいといふ関係もあつた。小姑を沢山有つ嫁の気持が厭になり早く身代を切り回して見たいといふ我儘なる衛生上の理由もあつたが、近来天下の形勢何となく不穏になり、今にして早く何とかするにあらずんば将に自然崩壊若しくは気まづい思ゐを免れまいと直覚した理由もあつた。其後各所で自己陣営内の戦線整理と称する分裂格闘心血流血の話を聞いた時は、ヤレよかつたとホツとした。
      ○
 今後解放の編輯はマルキシストの山内房吉君とステートソーシヤリストの岡陽之助君とステキズムの元祖山崎今朝彌君との三人でやるだろうが、天下綜合雑誌の大編輯方法は、極端なる多少の個性特性発揮を除いては従来と毫も変り栄へがないだらう。
      ○
 解放が若し潰れた時があつたら、其れは潰された時であらう。今の処解放の発売禁止は月平均少なくとも一回位の勘定に止まる。世界的の成金雑誌があのザマを見よと嘲はれる日がすぐ来るかも知れぬ、しかし何時でも払戻の用意がしてありますから前金払込みは決して心配御無用のこと。(山崎今朝彌)
<以上は、山崎今朝弥氏が著作者である。>
<旧仮名遣いはそのままとし、旧漢字は適宜新漢字に直した。>
<底本は、『解放』(解放社)第6巻1号(昭和2年(1927年)1月1日発行)>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。